The Isley Brothers - Summer Breeze

0


    Sea Breeze


    どうも、こんばんは。
    シーブリーズLoverのBingoです。

    シーブリーズが日本に初上陸したのは、
    1960年のことだったらしいのですが、
    CM展開を始めたのは1983年のことだそうです。

    当時、ボクはまだ高校生の頃で、
    神奈川テレビの「ファンキートマト」っていう
    洋楽番組でCMが流れていました。

    今じゃ、あちこちで売っていますけど、
    当時は近所の薬局で売っているワケでもなく、
    まだ未知のその爽快感に憧れたワケですよ。

    そんな青春期の憧れは、大人になっても
    変わることは無いもんですね。。。


    とか言って、最近、頭が痒くって、
    メディカル・シャンプーに浮気中です。。。(笑)


    Medical Shampoo


    さてさて、そんなところで、
    「ブリーズ」つながりの選曲です。

    アイズレー・ブラザーズの「サマー・ブリーズ」です。


    オリジナルは、シールズ&クロフツですが、
    どっちのバージョンも比べられないくらい大好きです。

    この曲「7月の金曜日の夕暮れ」が舞台なんですね。
    今日が7月最後の金曜日なので
    なんとか間に合いました。。。(笑)


    The Isley Brothers - Star Box


    台風の影響か、風が少し強くなってます。
    今日はメチャクチャ暑かったのですが、
    夕方になって少しは涼しくなりました。

    それでも、歌詞のような心地よいそよ風、、、
    の雰囲気は無いですね。(笑)

    日中は青空が広がって陽射しが
    もう完全に夏なのでしたが、
    明日は天気がヤバそうです。。。

    大和の阿波おどりの日だってのに、
    ちょっとズレてくれればいいのにな。。。






    The Isley Brothers - Summer Breeze Lyrics



    Writers: Jim Seals, Dash Crofts
    意訳: Bingo



    Summer Breeze, all in my mind
    it's all in my mind

       夏のそよ風、すべて心の中に
       すべて心の中に

    Summer breeze makes me feel fine
    Blowing through the jasmine in my mind

       夏のそよ風は気分を良くしてくれる
       ジャスミンの香りが心に吹き抜ける

    See the curtains hanging in the window
    In the evening on a Friday night
    A little light shining through the window
    Lets me know everything's alright

       窓のカーテンが見える
       金曜日の夕暮れ時
       窓から漏れる小さな灯りが
       平穏を知らせる

    Sweet days of summer
    The jasmine's in bloom
    July is dressed up and playing her tune
    When I come home from a hard day's work
    And you're waitin' there
    Not a care in the world

       夏の甘い日々
       花開いたジャスミンをまとい
       着飾った七月が歌を奏でる
       辛い仕事を終えて家に帰り
       そこにキミが待っていてくれれば
       もう悩みなんてどにもない

    See the smile awaitin' in the kitchen
    Through cookin' and the plates for two
    Feel the arms that reach out to hold me
    In the evening when the day is through

       キッチンで待つ笑顔が目に浮かぶ
       二人のための料理のお皿
       ボクを抱き締めようと伸ばす腕の感触
       一日が過ぎて行く夕暮れ時


    [関連記事]

    2011.08.30
    End of The Summer 夏の終わりの曲 Pt2
      3. Seals & Crofts - Summer Breeze


    Bingo | Yesterday's Melody | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
    - -
    Suzi Quatro - Can The Can

    0


      夕飯の晩酌後、ひと眠りしたあとの今です。(笑)
      どうもこんばんは、Bingoです。


      ついこのあいだ、
      たまたま聞いていたラジオの投稿のテーマが、
      「どうしても捨てられない物」だったんですね。


      Cizmeci Time Wafer Master Cubes


      ボクは職業柄、やっぱり、
      グラフィックデザインってものが好きなんです。

      その中で、パッケージのデザインなんかも好きなんです。

      缶だったり、ビンだったり、
      箱だったり、包み紙だったり、、、

      ただの入れ物にすぎないんですケド、
      用が済めば捨てられちゃうような物なんですケド、
      そういう儚さも捨てきれないんですよね。。。


      もうね、その缶や箱が欲しいだけで
      買っちゃったりもしちゃいます。

      レコードやCDは「ジャケ買い」って言葉がありますけど、
      「パケ買い」なんて言葉はあるんですかね??(笑)

      この写真の缶も「パケ買い」で、
      中身は至って普通のお味でした。(笑)


      Suzi Quatro - The Gold Collection


      さてさて、選曲は、スージー・クアトロの
      「キャン・ザ・キャン」(1973年)です。





      うーーん、カッコいいですね。
      にしても、観客の手拍子がバラバラっていう、、、(笑)






      Suzi Quatro - Can The Can Lyrics



      Writers: Mike Chapman, Nicky Chinn
      意訳: Bingo



      Well you call your mama tiger
      And we all know you are lying
      And your boyfriend's name is eagle
      And he lives up in the sky
      (High, high)
      Watch out the tiger
      Don't go claw the eagle's eye
      But let the eagle take the tiger by surprise
      (Scratch out her eyes)

         アンタのママは虎
         アンタが嘘つきなのはみんな知ってるさ
         で、アンタのボーイフレンドは鷲ってんだろ
         高い空に住んでいると
         なら虎を見張ってな
         鷲の目にちょっかいを出さないように
         虎に不意打ちを食らわせてやれ
         (虎の目を引っ掻いてやりな)

      So make a stand for your man, honey
      Try to can the can
      Put your man in the can, honey
      Get him while you can
      Can the can
      Can the can
      If you can
      Well can the can

         だからアンタの彼を護ってやりなって
         缶に詰め込んでみな
         アンタの男を缶の中に押し込むのさ
         そうしてる間は彼はアンタの手の中
         できるさ
         缶に詰め込めちまえ
         できるものなら
         缶に詰め込めちまえ

      Well your sister's got the feline touch
      She touches up your mind
      And your eagle lover likes
      His little bit of evil
      Loving all the time
      Don't let the cat get into
      The eagle's nest at night
      Because the eagle could say 'yes'
      without a fight
      (Scratch out her eyes)

         アンタの妹はイタズラ猫
         アンタの心を掻き乱す
         で、アンタの愛する鷲は小悪魔が好き
         いつだって小悪魔が好きなのさ
         夜になったら猫を近づけちゃいけない
         鷲の巣には
         鷲は躊躇なしにイエスって答えるからさ
         (猫の目を引っ掻いてやりな)

      So make a stand for your man, honey
      Try to can the can
      Put your man in the can, honey
      Get him while you can
      Can the can
      Can the can
      If you can
      Well can the can

         だからアンタの彼を護ってやりなって
         缶に詰め込んでみな
         アンタの男を缶の中に押し込むのさ
         そうしてる間は彼はアンタの手の中
         できるさ
         缶に詰め込めちまえ
         できるものなら
         缶に詰め込めちまえ


      Bingo | Yesterday's Melody | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
      - -
      Charlene - I've Never Been To Me

      0


        朝、風貌が山下清っぽい人を見かけたんですが、
        それ以降、♪野に咲く〜♪ のメロディが
        頭の中をぐるぐるぐるぐるしているBingoです。

        あの番組を一度も見たことが無いので、
        歌もその部分しか知らず、
        ♪野に咲く〜♪ だけをリピートしているので
        ちょっと気持ち悪くなっているBingoです。(笑)


        Charlene - Ive Never Been To Me


        さてさて、選曲ですが、
        ランディ・クロフォードつながりで、
        シャーリーンの「愛はかげろうのように」です。


        最初に録音したのはランディ・クロフォードでしたが、
        のちにシャーリーンが歌って大ヒットしました。

        確かにシャーリーンのバージョンの方が、
        切ない感じが出ているような気がします。

        元のバージョンには無かったセリフなんて
        特に切ないですね。


        Randy Crawford - I've Never Been To Me (1976)







        Charlene - I've Never Been To Me Lyrics



        Writers: Ron Miller, Kenneth Hirsch
        意訳: Bingo



        Hey, lady, you, lady
        Cursing at your life
        You're a discontented mother
        And a regimented wife

           ねえ、そこのあなた
           自分の人生を呪っているあなた
           不満を抱えた母親で
           自由の無い妻だと

        I've no doubt you dream about
        The things you'll never do
        But I wish someone had talked to me
        Like I wanna talk of you

           あなたは夢を想い描いているのよね
           したくても出来ない夢物語を
           でも、もし私に
           こんな風に話してくれる人がいたなら
           って思うから、あなたに話したいの

        Ooo, I've been to Georgia and California
        And anywhere I could run
        I took the hand of a preacher man
        And we made love in the sun

           ジョージアにもカリフォルニアにも行った
           どこにでも飛んで行ったわ
           牧師を誘惑して
           昼間から愛し合ったりもしたわ

        But I ran out of places and friendly faces
        Because I had to be free
        I've been to paradise
        But I've never been to me

           でも、縁をみんな切ってしまった
           自由になるために
           夢に見た楽園にはたどり着いたわ
           でも、自分にはたどり着けなかった

        Please, lady, please, lady
        Don't just walk away
        'Cause I have this need to tell you
        Why I'm all alone today

           どうか、あなた
           まだ行かないで
           あなたに話しておきたいの
           なぜ私が今でも孤独でいるのか

        I can see so much of me
        Still living in your eyes
        Won't you share a part of a weary heart
        That has lived a million lies

           私にはよく見えるの
           あなたの目に宿る私の姿が
           少し分け合ってみない?
           いくつもの嘘を重ねてきた心の疲れを

        Oh, I've been to Nice
        And the isle of Greece
        When I sipped champagne on a yacht
        I moved like Harlow in Monte Carlo
        And showed 'em what I've got

           ニースにもギリシャの島にも行った
           ヨットに揺られシャンペンを口にした
           モンテカルロでは、まるで女優の
           ジーン・ハーロウのように気取ってた

        I've been undressed by kings
        And I've seen some things
        That a woman ain't supposed to see
        I've been to paradise
        But I've never been to me

           権力ある男たちに脱がされてきた
           いろんなものも見てきた
           女が見ることが無いようなものも
           夢に見た楽園にはたどり着いた
           でも、自分にはたどり着けなかった

        Hey, you know what paradise is?
        It's a lie
        A fantasy we created
        About people and places
        As we'd like them to be
        But you know what truth is?
        It's that little baby you're holding
        And it's that man
        You fought with this morning
        The same one you're going to
        Make love with tonight
        That's truth, that's love

           ねえ、楽園が何か知ってる?
           そんなものはまやかし
           みんなが創ったおとぎ話
           そうありたいと思う人や場所のこと
           それなら、何が楽園の真実か知ってる?
           それは、あなたが抱いている小さな赤ん坊よ
           そして、朝、喧嘩しても
           夜には愛し合うあなたの夫
           これが真実、これが本当の愛

        Sometimes I've been to crying
        For unborn children
        That might have made me complete
        But I, I took the sweet life I never knew
        I'd be bitter from the sweet

           時々泣くことがあるわ
           生まれてこなかった子どもを想うと
           その子が私を満たしてくれたかもしれない
           でも、甘い人生を選んでしまった
           苦い人生が待っているなんて知らずに

        I've spent my life exploring
        The subtle whoring
        That costs too much to be free, hey, lady
        I've been to paradise
        But I've never been to me

           追い求めて歳をとってしまった
           あざとく女を武器にしながら
           その自由への代償は高かった
           夢に見た楽園にはたどり着いた
           でも、自分にはたどり着けなかった

        I've been to paradise
        Never been to me

           夢に見た楽園にはたどり着いた
           でも、自分にはたどり着けなかった

        I've been to Georgia and California
        And anywhere I could run
        I've been to paradise
        Never been to me

           ジョージアにもカリフォルニアにも行った
           どこにでも飛んで行ったわ
           夢に見た楽園にはたどり着いた
           でもね、自分にはたどり着けなかった

        Been to Nice and the isle of Greece
        When I've sipped champagne on a yacht
        I've been to paradise
        Never been to to me

           ニースにもギリシャの島にも行った
           ヨットに揺られシャンペンを口にした
           夢に見た楽園にはたどり着いた
           でも、自分にはたどり着けなかった


        [関連記事]

        2019.07.13
        Randy Crawford - Give Me The Night (歌詞+和訳)

        2019.07.08
        Randy Crawford - Windsong (歌詞+和訳)

        2019.07.07
        Randy Crawford - Tender Falls The Rain (歌詞+和訳)


        Bingo | Yesterday's Melody | 23:03 | comments(1) | trackbacks(0) | top▲
        - -
        Randy Crawford - Give Me The Night

        0


          最近、どうも夜が弱くなったBingoです。
          って、前にも書きましたが、、、

          昨日も週末の夜だってのに
          9時頃には眠ってしまい、
          10時頃にキョーレツに足のくるぶしが痒くて
          一度は目を覚ましたものの
          キンカンを塗りたくって塗りたくって
          キョーレツな臭さでむせ返りながら
          またすぐに眠ってしまいました。

          でも、でも、出かけないで正解でした。


          Hibiscus Syriacus


          今日は朝から庭木の剪定をしたり、
          午後からは孫と遊んだり、
          親戚の家に行ったり、洗車したり、
          バッテリー交換とオイル交換したり、
          ドンドンダウンでTシャツ買ったり、、、

          ふぅぅぅ、、、

          あともう少ししたら
          友達ん家に行ったりもします。。。

          もし、昨日の夜に遊びに行っていたら
          こんなには動けなかった事でしょう。。。(笑)


          今夜もパトロール無しです。。。
          たぶん。。。(笑)


          Randy Crawford - Best Of


          さてさて、またまた引き続き、
          ランディ・クロフォードの曲で
          「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」です。

          オリジナルは、ジョージ・ベンソンですが、
          ランディ・クロフォードのカバーの方が好みです。


          George Benson - Give Me The Night (1980)



          特に、この「Chill Night Remix」は
          アーバンな感じがもうたまりません。。。(笑)


          *** から ***の間の歌詞は、
          このリミックス・バージョンでは
          歌われていません。






          Randy Crawford - Give Me The Night Lyrics



          Writer: Rod Temperton / 意訳: Bingo



          Whenever dark has fallen
          You know the spirit of the party
          Starts to come alive
          Until the day is dawning
          We can throw out all your blues
          And hit the city lights
          'Cause there's music in the air
          And lots of lovin' everywhere
          So gimme the night, Gimme the night

             夜の帳が下りると
             宴の魂が騒ぎだすのよ
             生き生きとしてくるの
             夜が明けるまで
             みんな憂さを晴らしに
             街の明かりへと
             なぜなら空気には音楽が漂い
             どこにも恋が溢れている
             そう、私にこの夜をちょうだい

          You need the evening action
          A place to dine, a glass of wine
          A little late romance
          It's a chain reaction
          You'll see the people of the world
          Coming out to dance
          'Cause there's music in the air
          And lots of lovin' everywhere
          So gimme the night, Gimme the night

             あなたには夜の楽しみが必要
             食事するお店、一杯のワイン
             ささやかな新しい恋
             連鎖反応ね
             世界の人々と出逢い
             ダンスに出かける
             だって空気には音楽が漂い
             どこにも恋が溢れている
             そう、私にこの夜をちょうだい


          *****************************

          So come on out tonight
          And we'll lead the others
          On a ride through paradise
          And if you feel all right
          Then we can be lovers 'cause I see that
          Starlight look in your eyes
          Don't you know we can fly?
          Just gimme the night, Gimme the night

             だから、今夜、出掛けましょ
             二人で先頭を切って
             楽園までドライブしましょ
             もしあなたがその気なら
             私たち恋人同士になれるかも
             あなたの瞳に星の光が見えるから
             私たち羽ばたけるわよね
             ただ、私にこの夜をくれればいいの

          *****************************


          And if we stay together
          We'll feel the rhythm of the evening
          Taking us up high
          Never mind the weather
          We'll be dancing in the street
          Until the morning light
          'Cause there's music in the air
          And lots of loving everywhere
          So gimme the night, Gimme the night...

             もし二人で一緒にいられたら
             夜のリズムを感じて
             天に昇れる
             天気なんてどうでもいい
             ストリートで踊るの
             朝陽が射すまで
             だって空気には音楽が漂い
             どこにも恋が溢れている
             そう、私にこの夜をちょうだい


          [関連記事]

          2019.07.08
          Randy Crawford - Windsong (歌詞+和訳)

          2019.07.07
          Randy Crawford - Tender Falls The Rain (歌詞+和訳)


          Bingo | Yesterday's Melody | 21:19 | comments(0) | trackbacks(1) | top▲
          - -
          Randy Crawford - Windsong

          0


            昨日は、セガレの用事があって
            二人で茅ヶ崎まで行ってきました。

            で、セガレの用事が済むまで、
            そばの公園のベンチで待っていたのですが、
            意外と風が強くて寒かったです。


            ところで、我が家の駐車場の脇には
            花が咲く背の高い木が生えているのですが、
            風が吹くとしぼんでしまった花が
            愛車の上に落ちてくるんですよね。。。

            そのしぼんだ花は色もくすんでしまっているので
            見た目は得体の知れないでっかい虫みたいです。(笑)

            雨で濡れていたりする時には、
            つまむとヌルヌルしていて
            すっごーーーく気持ち悪いんです。(笑)


            ま、風が吹かなくても落ちてはくるのですが、
            やっぱり風が強い日の方が
            葉っぱやら何だか分からない黒いツブツブとかも
            いっぱい降りかかっていてより一層汚くなります。

            そうなんです、梅雨の時期だから
            雨はまだ仕方ないとして風が憎いんです。(笑)


            愛車は白なので、ほんと汚れが目立つんです。
            屋根付きのガレージさえあればな、、、
            と思いますが、まずはその木の剪定が先ですね。(笑)


            Randy Crawford - The Collection


            さてさて、、、
            ランディ・クロフォードの曲をもうひとつ、
            「ウィンドソング」です。






            Randy Crawford - Windsong Lyrics



            Writer: Leon Russell / 意訳: Bingo



            There's a song on the wind
            Coming from so far away
            From places that we've never seen
            And dreams we've never dreamed
            And there's a light in your eyes
            Shining from deep inside your heart
            And leaving you inside my life
            Like a windsong

               風に乗って歌が聞こえてくる
               遠く遥か彼方から
               行ったこともない場所から
               夢に見たこともない場所から
               あなたの瞳の中の輝く光が見える
               あなたの心の底から漏れる光
               私の人生に刻まれた
               風の歌のように

            'Cause you're the song in my life
            Like a sweet familiar harmony
            And the shadows fade away
            From shades of blue and grey
            And I love you all the way

               あなたは私の人生の歌
               甘く親しみのあるハーモニー
               闇のような不安は消え去った
               青白い薄暗さから
               いつでもあなたを愛してる

            And there's a light in your eyes
            Shining from deep inside your heart
            So stay here in my life
            Like a windsong
            Carry me along inside the windsong
            Waiting for so long to hear a love song
            Loving you and happy just to be
            Like a windsong

               あなたの瞳の中の輝く光が見える
               あなたの心の底から漏れる光
               だから私の人生にいてね
               風の歌のように
               風の歌の中に私をいつも包みこんで
               ずっと待っていたの、愛の歌を聞ことを
               あなたを愛すことを幸せになることを
               風の歌のように

            Sing your song for me
            I'll be your windsong
            Soft like a summer breeaze
            And sing you love songs
            Listen to the melody

               うたって、あなたの歌を私に
               私があなたの風の歌になって
               夏のそよ風のように優しく
               あなたの愛の歌をうたう
               このメロディに耳を傾けて

            Like a windsong
            Carry me along

               風の歌のように
               私をいつも包みこんで


            [関連記事]

            2019.07.07
            Randy Crawford - Tender Falls The Rain (歌詞+和訳)


            Bingo | Yesterday's Melody | 23:29 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
            - -
            The Peanut Vender Weblog

            南京豆売りの声がする

            Let's Have a Peanut!!!
            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>