Journey - Lights

0


    Journey - The Ballade


    またまたジャーニーです。(笑)

    中学生の頃、このジャーニーのおかげで、
    「journey」のスペルを覚えられました。(笑)

    「ジョウアーネイ」で。(笑)






    Journey - Lights Lyrics



    Writers: Steve Perry, Neal Schon
    意訳: Bingo



    When the lights go down in the City
    And the sun shines on the bay
    I want to be there in my City
    Ooh, ooh

       街の灯りが消える頃
       朝陽が入り江を照らす
       我が街のあの場所が恋しい

    So you think you're lonely
    Well my friend I'm lonely too
    I want to get back to my City by the bay
    Ooh, ooh

       キミが寂しいと思うように
       ああ友よ、ボクも孤独さ
       我が港街へ帰りたい

    It's sad, oh there's been mornings out
    On the road without you,
    Without your charms,
    Ooh, my, my, my...

       それは悲しみ
       キミのいない旅先にも朝が訪れる
       キミの魅惑のない朝が


    [関連記事]

    2018.06.20
    Journey - Send Her My Love (歌詞+和訳)

    2018.06.18
    Journey - Only The Young (歌詞+和訳)

    2018.04.07
    Journey - Separate Ways (Worlds Apart) (歌詞+和訳)

    2012.01.23
    Journey - Don't Stop Believin' (歌詞+和訳)


    Bingo | Yesterday's Melody | 21:05 | comments(0) | trackbacks(1) | top▲
    - -
    Journey - Send Her My Love

    0


      ETBGをもう少し続けたかったのに、
      ジャーニーをちょっと聞きだしたら
      止まらなくなりました。(笑)


      心は今、高校生の頃に戻ってます。(笑)


      Journey - The Ballade


      さてさて、、、
      アルバム「フロンティアーズ」の2曲目に収録された
      「センド・ハー・マイ・ラブ」を選んでみました。


      アルバム1曲目の「セパレイト・ウェイズ」みたいな
      力強い曲はジャーニーには求めていないので、
      それほど好きな曲ではないんです。

      なので、ボクの中では、このアルバムは、
      この曲が1曲目です。(笑)


      といっても、当時はカセットテープに
      吹き込んで聞いてましたので、
      簡単に飛ばすワケにはいかず
      一応聞いてました。。。(笑)


      あと、「フェイスフリー (時への誓い)」みたいな
      いかにもな的なラブソングも、、、

      実は、ジャーニーにはそれほど求めていません。
      ごめんなさい。。。


      Journey - Faithfully







      Journey - Send Her My Love Lyrics



      Writers: Jonathan Cain, Steve Perry
      意訳: Bingo



      It's been so long
      Since I've seen her face
      You say she's doin' fine
      I still recall
      A sad cafe
      How it hurt so bad to see her cry
      I didn't want to say good-bye

         長い時間が経った
         最後に彼女に会ってから
         元気でいると聞いたよ
         今でも思い出す
         悲しいカフェを
         どれほど見るのがつらかったか
         彼女の泣き顔を
         さよならなんて言いたくなかった

      Send her my love, memories remain
      Send her my love, roses never fade
      Send her my love

         彼女に届け、ボクの愛
         記憶の中にある
         彼女に届け、ボクの愛
         バラは決して枯れない
         彼女に届け、ボクの愛

      The same hotel, the same old room
      I'm on the road again
      She needed so much more
      Than I could give
      We knew our love could not pretend
      Broken hearts can always mend

         いつものホテル、変わらない部屋
         ボクはまた旅の途中
         彼女に必要だったのは
         ボクが与えられる以上のもの
         二人は知っていた
         愛は装うことはできないと
         心の傷は治せるもの

      Callin' out her name I'm dreamin'
      Reflections of a face I'm seein'
      It's her voice
      That keeps on haunting me

         夢の中で彼女の名前を呼び
         面影が目に映る
         彼女の声が離れない


      [関連記事]

      2018.06.18
      Journey - Only The Young (歌詞+和訳)

      2018.04.07
      Journey - Separate Ways (Worlds Apart) (歌詞+和訳)

      2012.01.23
      Journey - Don't Stop Believin' (歌詞+和訳)


      Bingo | Yesterday's Melody | 21:52 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
      - -
      Journey - Only The Young

      0


        昨日の父の日にもらったのが、、、

        じゃ!じゃーーーん!!

        ヘッドフォン★








        仕事では、父の日のプレゼント用の
        ワークショップやってたりはしてましたが、、、

        我が家は意外とイベント事には淡泊なので、、、

        自分にもプレゼントが用意されていたとは
        思ってもみませんでした、、、


        でもでも、ちょうどヘッドフォンを
        買い換えたかったところだったんです。

        去年の4月に買ったヘッドフォンが、
        一年ちょっとしか使っていないのに
        みすぼらしくなってたんです。

        耳から酸が出ているのか??って思えるくらいに
        耳当てがもうボロボロだったし、、、(笑)

        ヘッドフォンを掛けているのに
        急に動いて引っ張ってしまって、
        端子の付け根の接触も悪くしちゃって
        コードを少し束ねてテープで固定したりして、、、(笑)

        それを見かねた娘がプレゼントしてくれました。


        るん♪


        で、さっそく箱を開けて
        ヘッドフォンを取り出したら、、、





        そこに顔が、、、


        何かに似てると思ったら、、、

        これ、、、


        Journey - Frontiers


        (笑)(笑)(笑)


        ジャーニーの1983年のアルバム
        「フロンティアーズ」のジャケットです。



        あと、これにも似てますね。
        映画「メトロポリス」の「マリア」。(笑)

        Metropolis Maria


        あと、コレにも。
        C-3PO。(笑)

        C-3PO


        Vision Quest OST


        さてさて、選曲ですが、
        ジャーニーの「オンリー・ザ・ヤング」です。

        1985年の映画「ヴィジョン・クエスト」の
        サントラに収録されています。


        映画は見ていませんが、
        サントラだけ持ってます。(笑)

        映画はヒットしたのかどうかさえも知りません。(笑)


        この曲は、のちに「フロンティアーズ」に
        ボーナストラックとして追加されました。


        歌詞の内容は、いまひとつ分かりませんが、
        若者賛歌のようです。






        Journey - Only The Young Lyrics



        Writers: Jonathan Cain, Steve Perry, Neal Schon
        意訳: Bingo



        Another night in any town
        You can hear the thunder of their cry
        Ahead of their time
        They wonder why

           どこの街でも今夜もまた
           彼らの叫び声が鳴り響く
           彼らの時間を前にして
           彼らにも理由は分からない

        In the shadows of a golden age
        A generation waits for dawn
        Brave carry on
        Bold and the strong

           最盛期の陰で
           夜明けを待つ世代
           立ち向かえ
           勇ましく力強く

        Only the young can say
        They're free to fly away
        Sharing the same desires
        Burnin' like wildfire

           口に出せるのは若者だけ
           自由に飛び発てる
           同じ欲望を分かち合い
           燃え広がるような炎

        They're seein' through the promises
        And all the lies they dare to tell
        Is it heaven or hell?
        They know very well

           彼らは約束を見透かし
           突き返す全ての嘘
           それが天国なのか地獄なのか?
           彼らにはよく分かってる

        Only the young can say...

           口に出せるのは若者だけ...


        [関連記事]

        2018.04.07
        Journey - Separate Ways (Worlds Apart) (歌詞+和訳)

        2012.01.23
        Journey - Don't Stop Believin' (歌詞+和訳)


        Bingo | Yesterday's Melody | 22:55 | comments(0) | trackbacks(3) | top▲
        - -
        Working Week - Venceremos (We Will Win)

        0


          Working Week - Venceremos (We Will Win)


          今日、駅前の古本屋さんが閉店しました。


          あぁぁ、寄り道できる店がまた一つ無くなってしまって
          とても残念です。。。


          10日くらい前に「閉店SALE 全品39%OFF」を知って、
          その日は安い中古CDを4枚買いました。


          そもそもCDのコーナーは、そんなに広くはないので、
          品ぞろえもそんなに良いものでもなく、
          たまには良い出会いのCDもありましたが、
          でも「この値段なら買っても良いかな・・・?」
          と思えるようなCDばかりしか買ってました。


          すると数日前には「本日より全品半額」の文字がっ!

          もう目ぼしいCDは買ってしまったハズなのですが、
          「半額」の文字には気持ちは逆らえません。(笑)

          ついつい、またチョコチョコと、
          安いCDを買っていました。。。(笑)


          もしかすると、最終日には「全品90%OFF」とかには
          ならないかな???


          とか、いやらしい考えを持ちながらも、
          誰かに買われる前に買っちゃお♪
          なんてさらにいやらしい考えを持ちながら買ってました。


          んでもって、本日の最終日に行ってみました。








          「全品半額」のままでした。(笑)



          ですよね。。。(笑)



          でも、今日も安い中古CDを4枚買ってしまいました。(笑)

          今まで、アニメ関係のCDの棚はスルーしていたのですが、
          いつの間にか「どれでも100円」の棚に変わっていたんです。


          またまた、買ったけど封を開けないままのCDが
          増えてしまったワケです。


          CDってコンパクト・ディスクの略のハズなんですけど、
          意外と収納場所に困るんですよね。

          はぁ、、、


          ここのところ、CD2枚しか持っていないEBTGを
          代わる代わる聞いている感じですが、
          今回は、トレイシー・ソーンがゲスト参加している
          ワーキング・ウィークの「ヴェンセレモス」を
          選曲してみました。


          彼女の少し曇った声で
          大袈裟でなく淡々と歌う感じってなんか好きです。

          ポール・ウェラーも惚れ込んだ歌声ですよね。


          タイトルの「ヴェンセレモス」とはスペイン語で
          「我々は勝つ」という意味なのですが、

          なのですが、、、

          もう一行目から諦めたくなりました。

          そんな歌詞です。(笑)


          ちなみに、スペイン語は分かりませんので
          端折りました。

          が、英語で歌っているバージョンの歌詞と
          同じ内容だと思います。







          Working Week - Venceremos (We Will Win) Lyrics



          Writer: Simon Booth / 意訳: Bingo



          A comment is passed,
          Like dust and glass,
          Full of fear,
          Held in this heaven and hell.

             言葉は伝わった
             塵とガラスのような
             恐れに満ち
             天国と地獄に積もる

          Each time it's spoken,
          There's a fragment broken,
          Now the rain is falling,
          A train is passing,
          A gun is firing,
          Splitting out here
          In the night in which we live.

             その言葉が語られるたびに
             壊れた欠片がひとつ
             雨が降る今
             導火線の火が通過してゆく
             銃が火を噴き
             ここに引き裂かれる
             我らの生きるこの夜に

          We'll find a way,
          To build a day,
          Sooner than tomorrow.

             我らは見つけるだろう
             一日を築く道を
             明日が来るよりも早く

          And so it goes,
          As our love flows,
          A strength is found
          In a history bold and proud.

             そういうものである
             我らの愛はよどみなく
             強さは見い出された
             歴史の中で、勇敢に誇り高く

          Safe in rooms
          In which we find survival,
          Hope will tread a greater end.
          So we'll move my friend
          Into safer light,
          Knowing that
          Here we will win
          Here we will win
          Here we will win.

             我らが生き残りを見つけた平穏な場所
             希望は素晴らしい終わりを歩むだろう
             だから友を連れて行こう
             平穏な光の中へ
             旗印は
             我らは勝つ
             我らは勝つ
             我らは勝つ

          Un mundo que se abre
          Esta por hacerse
          De santiago a rio
          Se espera el momento

          Se encontraran
          Se nombraran
          Con retratos en alto
          Seas vidas negadas

          Como la nueva pasión
          De un amor que despierta
          Deseo que brilla
          Como el orgullo de crear

          Una nación que respira
          De ciudades a campos
          De hogar en hogar
          La vida en suspenso
          Un respiro fragante
          De calor y amistad
          Durmiendo como amantes
          Compañeros encubiertos
          Lograremos un gran final
          No nos moverán
          Sabiendo que vamos a vencer
          Y venceremos
          Y venceremos...

          ------------------------------

          A new world in the making,
          It's there for the taking.
          Santiago to rio,
          The moment is waiting.

             築き上げている新しい世界
             手に入れるためにそこにある
             サンティアゴからリオへ
             素晴らしい瞬間が待たれる

          The lost will be found,
          And named out aloud.
          Photos carried high,
          The lives they've denied.

             失われたものは取り戻され
             名は高らかに呼ばれる
             写真は高く掲げられる
             彼らが否定した命

          A lover's found passion,
          In the sense of re-awaking,
          Desire that shines,
          Like the pride in creating.

             恋する者は情熱に気付き
             再び目が覚める感覚の中で
             輝くという欲求
             創造における自負のように

          A nation is breathing,
          In cities and farmland,
          In bedrooms and boardrooms,
          Life held in suspension.

             国家はひと息の間
             都市と農地で
             寝室と会議室で
             生命は差し止められる

          A breath that is scented,
          With warmth and friendship,
          And we sleep here as lovers,
          Companeros in cover,
          We'll tread a greater end,
          And so we'll move my friend,
          Into safer light,
          Knowing that
          Here we will win.
          Here we will win
          Here we will win

             香り立つわずかな兆し
             思いやりと友好に
             恋人同士のように我らは眠る
             覆いの中の仲間
             我らは素晴らしい終わりを歩むだろう
             だから友を連れて行こう
             平穏な光の中へ
             旗印は
             我らは勝つ
             我らは勝つ
             我らは勝つ





          [関連記事]

          2018.06.15
          Everything But The Girl - Old Friends (歌詞+和訳)

          2018.06.13
          Everything But The Girl - British Summertime (歌詞+和訳)

          2018.06.11
          Everything But The Girl - Driving (歌詞+和訳)

          2013.09.24
          The Style Council - The Paris Match (歌詞+和訳)

          2007.01.30
          Everything But The Girl エヴリシング・バット・ザ・ガール
            Everything But The Girl - Old Friends

          2007.01.23
          Working Week ワーキング・ウィーク
            Working Week - Venceremos (We Will Win)


          Bingo | Yesterday's Melody | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
          - -
          Everything But The Girl - Old Friends

          0


            Everything But The Girl - Worldwide


            EBTGのアルバムは2枚しか持っていませんが、
            その2枚が今ヘビーローテーション中なワケで、
            またまたエブリシング・バット・ザ・ガールです。


            ボクにとってのEBTGは、この曲、
            「オールド・フレンズ」なんです。

            当時、服飾雑貨のメーカーにいて、
            内覧会のBGMがこのアルバムでした。

            設営の時からずっと聞いていましたが、
            やっぱりこの曲がとても印象に残っています。





            この頃は、まだギリギリバブルというか、
            名残があとを引いているというか、
            内覧会はなかなか凝った演出していました。

            ショールームを、海とダウンタウンをイメージして
            半分に区分けしていました。

            海側には、白い砂を敷き詰めて、
            サンドバギーが置いてありました。

            ダウンタウン側の壁には、レンガの壁紙が張られ、
            その壁の前には赤いMGBが停めてありました。

            ボクはその壁に下手なグラフィティ・アートを
            描かせてもらったのもちょっとした懐かしい思い出です。






            Everything But The Girl - Old Friends Lyrics



            Writer: Ben Watt / 意訳: Bingo



            Not for the first time I look back
            on all those years
            Not for the last time names will ring
            in my ear
            When there was just a gang of us
            Storming the town by train and bus
            A moment of thought this heart sends
            to old friends

               初めてじゃないわ
               あの頃を振り返るのは
               最後じゃないわ
               懐かしい名前が浮かんでくるのは
               ただの遊び友達の一人だったころ
               電車やバスで街中を飛び回ってた
               この胸の思いのかけらを贈るわ
               古くからの友達へ

            Not for the first time I look back
            on my first love
            Unable to speak or think or move
            hand in glove
            But what of it now and where is he
            He who once meant so much to me?
            Because we are not, I can't pretend
            now old friends

               初めてじゃないわ
               初恋を振り返るのは
               話す事も考えることも動くことも出来なくて
               ひとつになってしまった
               でも、今、どうなの、彼はどこ?
               私にとってとても意味のある人だったの?
               私たち違うから、偽るなんて出来ない
               今は古くからの友達

            I was told love should hold old friends
            I was told love should hold old friends
            But when you leave
            You will close the door behind you
            Don't we always?
            And time won't make amends
            to old friends

               愛が古い友達を心に留めておくはずなのに
               でも、あなたは出て行く時に
               背を向けてドアを閉めるわ
               いつもそうでしょ?
               時が償ってはくれない
               古くからの友達に

            Standing here with my arm around you
            life's moved on
            And all its borderlines are being redrawn
            The winter has come the roads are white
            Everyone's home late tonight
            May we stay or will it depend
            as old friends?
            In the end still old friends?

               ここに立ってあなたにこの腕を回せば
               人生が歩み始め
               そして、すべての境界線が引き直される
               冬が来て道は白く覆われてる
               今夜は誰もが家に帰るのが遅くなるわね
               私たち一緒に過ごすのかしら?
               それとも場合にもよるけど
               古くからの友達でいるかしら?
               結局は古くからの友達かしら?

            Oh, old friends, old friends...

               ああ、古くからの友達、古くからの友達...


            [関連記事]

            2018.06.13
            Everything But The Girl - British Summertime (歌詞+和訳)

            2018.06.11
            Everything But The Girl - Driving (歌詞+和訳)

            2013.09.24
            The Style Council - The Paris Match (歌詞+和訳)

            2007.01.30
            Everything But The Girl エヴリシング・バット・ザ・ガール
              Everything But The Girl - Old Friends

            2007.01.23
            Working Week ワーキング・ウィーク
              Working Week - Venceremos (We Will Win)


            Bingo | Yesterday's Melody | 23:31 | comments(0) | trackbacks(1) | top▲
            - -
            The Peanut Vender Weblog

            南京豆売りの声がする

            Let's Have a Peanut!!!
            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>