<< Eeeha!!! Cowboys | main | Fakers / フェイカーズ 4日間で借金を返す法 >>
Whiskey Songs ウィスキー・ソング Pt4

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Whiskey Songs ウィスキー・ソング Pt4 +


    今週も続きのウィスキー・ソング第4弾。
     Part 1
     Part 2
     Part 3
    やっぱり、アレだね。
    いつもビールばっかり飲んでいるビール党だけれど
    ウィスキーの方が歌になりやすいっていうか・・・
    絵になりやすいっていうか・・・

    ビールだと豪快さとか楽しさとかはあるけれど
    ウィスキーみたいな哀愁味には欠ける気がするな〜。

    でも、やっぱりビールが好き。
    でも、やっぱり今日の特集はウィスキー。
    ビール・ソングはまたいつか…ってところで曲を・・・。


    1. Van Halen "Take Your Whiskey Home"

    Women and Children First Van Halen: Women and Children First




    1曲目はヴァン・ヘイレンの「テイク・ユア・ウィスキー・ホーム」。
    1970年代半ばのデビュー前からライブでは演奏していたこの曲が
    収録されるのは1980年の3rdアルバム「Women and Children First」。
    のちの「ジャンプ(Jump)」の頃に比べると、この頃はブルージーで渋いっ。


    2. Dirty Penny "Cigarettes & Whiskey & Wild, Wild Women"

    カナダ・トロント5人組インディーズ・バンド、ダーティ・ペニーの
    「シガレッツ、ウィスキー&ワイルド、ワイルド・ウィメン」。
    2007年の1stフルアルバム「TaDa!」に収録。
    元は1947年にティム・スペンサー(Tim Spencer) という人が歌ったもので
    まったく新しい感じのアレンジで仕上がってる。
    というより、まったく新しい曲かな。

    で、この
    「cigarettes & whiskey & wild, wild women」というフレーズを
    長寿の秘訣と語ったのが、現在イギリス男性の中での最高齢の
    ヘンリー・アリンガム(Henry Allingham) さん。
    1896年6月6日うまれで現在112歳。
    かつて2006年、BBCのインタビューでそう答えたそうで、
    で、その時の肉声をサンプリングしたのが次の曲。


    3. Sonic Hospital "Cigarettes And Whisky"

    ソニック・ホスピタルの「シガレッツ&ウィスキー」。
    酔っ払ったような「cigarettes and whisky」の声は
    当時109歳のアリンガムさん。
    長生きの秘訣が「タバコと酒と女」だもんね。
    それも「ワイルドな女・・・」。男だね〜。

    以前、最高齢だった泉重千代さんの好みのタイプが
    「年上の人」という笑い話を思い出す。
    演奏しているのはイギリス・ノーサンプトンのAndyというアーティストで
    全部の楽器を多重録音する、ひとりバンド。


    4. The Epics "On The Rocks"

    Las Vegas Grind, Pt. 1 Various Artists: Las Vegas Grind, Pt. 1




    ちょっと意味深な男女の笑い声で始まる
    ジ・エピックスの「オン・ザ・ロックス」。
    タイトルに「whiskey」の文字は無いけれど、
    オン・ザ・ロックはウィスキーの飲み方の一つってことで。

    でも、最初に注がれる音が「シュワー」ってするんだよな〜。
    このバンドの事をインターネット検索してみたけれど、
    この曲が1964年リリースってことくらいしか全然分からず・・・。
    だって、バンド名が単純すぎていっぱい出てくる、出てくる。
    マスター音源も残っていないようなマイナーバンドで
    レコードから起こした音源だから
    もうバチバチノイズが入って音が悪いんだけど、
    「ちょっとレコード作ってみっか・・・」みたいな
    シングル数枚オンリーな草の根R&Bにも
    カッコいい曲がいっぱいある。


    5. Bob Dylan "Moonshiner"

    The Bootleg Series, Vols. 1-3 : Rare And Unreleased, 1961-1991 Bob Dylan: The Bootleg Series, Vols. 1-3




    次はボブ・ディアランの「ムーンシャイナー」。
    この曲もタイトルに「whiskey」の文字は無いけれど、
    「moonshiner」とは密造酒を作る人のこと。
    禁酒法時代、山奥で月明かりの中で蒸留していたことから転じて
    そう呼ぶようになったらしい。
    曲は作者不明で元々はアメリカで歌われていたものが
    アイルランドにも根付いたらしい。
    またその逆とも言われている。
    どっちにしても、密かに事を運んでいた人たちの歌だから
    分からないのも当然かな。
    この曲もいろいろな人が歌っている有名な曲の一つで
    ボブ・ディランは歌詞の一部を変えて歌っている。

    The whole world's a bottle and life's but a dram
    When the bottle gets empty, it sure aint worth a damn

    ボトルが全世界さ、人生はドラム缶にすぎない
    ボトルが空になっても、大したことじゃねぇよ。
    Life is but a dream(人生は夢にすぎない) とかけているのかな・・・。


    6. Brobdingnagian Bards "Seven Drunken Nights"



    この曲もアイルランドのトラディショナル・ソング、
    「セブン・ドランケン・ナイツ」。

    直訳すれば「酔っぱらった七日間の夜」ってところ。
    何を飲んでで酔っぱらっているのかは分からないけど、
    歌詞が面白いからぜひぜひ紹介したかった曲。


      "Seven Drunken Nights" Lyrics

      [Monday Night]
      As I went home on Monday night
      as drunk as drunk could be
      I saw a horse outside the door
      where my old horse should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns that horse outside the door
      where my old horse should be?

      月曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      馬がつながれているのを見たんだ
      俺の古ぼけた馬がつながれているはずのドアの脇によぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけた馬がつながれているはずの
      ドアの脇につながっていたのは誰の馬だい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      That's a lovely sow that me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But a saddle on a sow sure I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママが送ってくれた可愛い豚ちゃんよぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      鞍を着けた豚なんて見たことがない。。。


      [Tuesday Night]
      And as I went home on Tuesday night
      as drunk as drunk could be
      I saw a coat behind the door
      where my old coat should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns that coat behind the door
      where my old coat should be

      火曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      知らないコートが掛かっていたのを見たんだ
      俺の古ぼけたコートを掛けるはずのドアの裏側によぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけたコートが掛かっているはずの
      ドアの裏側に掛かっていたのは誰のコートだい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      That's a woollen blanket that me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But buttons in a blanket sure I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママが送ってくれたウールのブランケットよぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      ボタンが付いたブランケットなんて見たことない。。。


      [Wednesday Night]
      And as I went home on Wednesday night
      as drunk as drunk could be
      I saw a pipe up on the chair
      where my old pipe should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns that pipe up on the chair
      where my old pipe should be

      水曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      パイプがあったのを見たんだ
      俺の古ぼけたパイプを置くはずの椅子の上によぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけたパイプがあるはずの
      椅子の上にあったのは誰のパイプだい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      That's a lovely tin whistle that me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But tobacco in a tin whistle sure I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママかが送ってくれたブリキの笛よぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      タバコが詰まったブリキの笛なんて見たことない。。。


      [Thursday Night]
      And as I went home on Thursday night
      as drunk as drunk could be
      I saw two boots beneath the bed
      where my old boots should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns them boots beneath the bed
      where my old boots should be

      木曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      2足のブーツがあったのを見たんだ
      俺の古ぼけたブーツを置くはずのベッドのそばによぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけたブーツがあるはずの
      ベッドのそばにあったのは誰のブーツだい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      They're two lovely Geranium pots me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But laces in Geranium pots I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママが送ってくれたジェラニウムの花瓶よぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      靴紐の付いたジェラニウムの花瓶なんて見たことない。。。


    この辺りからかなりバカ。


      [Friday Night]
      And as I went home on Friday night
      as drunk as drunk could be
      I saw a head upon the bed
      where my old head should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns that head upon the bed
      where my old head should be

      金曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      頭を見たんだ
      俺の古ぼけた頭があるはずのベッドの上によぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけた頭があるはずの
      ベッドの上にあったのは誰の頭だい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      That's a baby boy that me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But a baby boy with his whiskers on sure I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママが送ってくれた男の赤ちゃんよぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      髭の生えた赤ちゃんなんて見たことない。。。


    ま、ここまでくればあとは予想通りの展開に・・・。


      [Saturday Night]
      And as I went home on Saturday night
      as drunk as drunk could be
      I saw two hands upon her breasts
      where my old hands should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns them hands upon your breasts
      where my old hands should be

      土曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      2本の手を見たんだ
      俺の古ぼけた手があるはずのカミさんの胸の上によぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけた手があるはずの
      お前の胸の上にあったのは誰の手だい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      That's a lovely night gown that me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But fingers in a night gown sure I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママが送ってくれた可愛らしいナイト・ガウンよぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      指のあるナイト・ガウンなんて見たことない。。。


    で、とうとう日曜日。


      [Sunday Night]
      As I went home on Sunday night
      as drunk as drunk could be
      I saw a thing in her thing
      where my old thing should be
      Well, I called me wife and I said to her:
      Will you kindly tell to me
      Who owns that thing in your thing
      where my old thing should be

      日曜日の夜、しこたま飲んで酔っぱらって家に帰ってきたら
      アレを見たんだ
      俺の古ぼけたアレがあるはずのカミさんのアレの中によぉ
      そこでカミさんを呼んで言ったんだ・・・
      ちょっと教えてくれないか?
      俺の古ぼけたアレがあるはずの
      お前のアレの中にあったのは誰のアレだい?

      Ah, you're drunk,
      you're drunk you silly old fool, still you can not see
      That's a lovely tin whistle that me mother sent to me
      Well, it's many a day I've travelled a hundred miles or more
      But hair on a tin whistle sure I never saw before

      バカねぇ、アンタ酔い過ぎよぉ、見えなかったのぉ?
      それはママが送ってくれた可愛らしいブリキの笛よぉ
      って、今までさんざん旅をしてきたけれど
      毛の生えたブリキの笛なんて見たことない。。。(意訳: Bingo)



    ママが送ってくれた赤ちゃんって・・・もうバカっ。
    何かこれって、♪ 昨日〜母ちゃんと寝たときは〜♪ の歌を思い出さない?


    演奏しているのは1990年代後半に結成された
    テキサス州オースティンの2人組、
    ブロブディンナーギーアン・バーズ(←ゲール語)。
    2006年にリリースされたアルバム
    「The Holy Grail Of Irish Drinking Songs」に収録。

    載せてある英語の歌詞は
    1967年にUKチャート7位を記録するヒットを出した
    ダブリナーズ(The Dubliners) のバージョン。

    ブロブディンナーギーアン・バーズのバージョンのオチは
    あの夜中の3時過ぎの青年は誰?
    夜中の3時に来るイギリスの税金の集金人なんて見たことない・・・
    になっている。
    他には、ボールが2個付いているキャンドルなんて見たことない・・・
    というバージョンなんてものもある。
    でも、アレがアレに・・・の方が絶対面白い。
    英語でもアレはアレなのね〜。


    7. Desmadre 75 "Saca El Guisqui, Cheli (Saca El Whisky, Chely)"



    最後の曲は、スペインのデスマンドル75の
    「サカ・エル・グィスキ・チェリ」。
    「guisqui」は英語で「whisky」のこと・・・たぶん・・・。
    1975年夏にスペインのチャートで1位を記録している・・・らしい。
    たぶんとからしいばっかりなのは、
    何しろ資料が全部スペイン語だから詳しいことが全然分からないのね。

    YouTube で動画を見ると、コミカルな5人組グループで、
    子ども向けの番組っぽいポップな雰囲気が楽しそう。


    こんな感じで3週にわたってウィスキーをテーマに
    25曲紹介してきたけれどこれで一旦終了。
    案外いろんな国のいろんなジャンルの曲が集まったな〜って思うけど
    やっぱりちょっと片寄ったかな。
    続きはまたいつか。。。


    1. Van Halen "Take Your Whiskey Home"
    2. Dirty Penny "Cigarettes & Whiskey & Wild, Wild Women"
    3. Sonic Hospital "Cigarettes And Whisky"
    4. The Epics "On The Rocks"
    5. Bob Dylan "Moonshiner"
    6. Brobdingnagian Bards "Seven Drunken Nights"
    7. Desmadre 75 "Saca El Guisqui, Cheli (Saca El Whisky, Chely)"

    Bingo | Radi-Comi 2009 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    Thin Lizzy - Whiskey In The Jar
    Thin Lizzy - Whiskey In The Jar 土曜日の夜は、いつもの金麦を切らしてしまい 風呂上りには家にたまたまあったウィスキー 「アーリー・タイムズ」を開けて晩酌しました。 久しぶりのウィスキーなので、 シン・リジィの「ウィスキー・イン・ザ・ジャ
    | 南京豆売りの声がする | 2011/11/21 8:40 PM |
    Thin Lizzy - Whiskey In The Jar
    Bingoさんの投稿したなう #music 金麦を切らしちゃったので、代わりにウィスキーで一杯・・・ BGMはシン・リジィのウィスキー・イン・ザ・ジャー・・・ カンパ〜イ! Bingo d:-)11/20 0:08 #music たまにはレゲエなんかでコーヒー・タイム・・・Bingo d:-)11/20 17:
    | Bingoのブロ具 | 2011/11/21 8:43 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>