<< Gene Pitney ジーン・ピットニー | main | The Bodysnatchers ボディスナッチャーズ >>
The Crystals クリスタルズ

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + The Crystals クリスタルズ +


    先週、ジーン・ピットニー(Gene Pitney) 作曲の
    クリスタルズの「He's A Rebel」をオンエアー。
    で、今週はそのクリスタルズについてもうちょっと。


    クリスタルズは1960年に結成、1960年代前半に活躍した
    黒人の女の子5人組のボーカルグループ。

    フィル・スペクター(Phil Spector)と
    レスター・シル(Lester Sill) が一緒に
    1961年の秋に立ち上げたばかりのレコード・レーベル、
    フィレス(Philles Records) と契約する。

    テディ・ベアーズ(The Teddy Bears) 解散後、
    自ら歌うことをやめて作曲やプロデュース業としての道を選んだ
    フィル・スペクターにとって
    それまでの雇われてきなプロデュースではなくて
    自分のレーベルのお抱えアーティストは
    念願の事だったに違いないと思う。


    こうして彼女たちの1stシングル
    「There's No Other (Like My Baby)」は
    年を開けたばかりの1962年1月6日にリリースされ、
    1月22日付けのBillboardチャートでは20位と言う
    幸先の良いデビューとなる。

    続く3月にリリースした2ndシングル「Uptown」 は13位。
    順調なスタートだったはずが、3rdシングルで早くも暗雲が・・・。

      The Crystals "Uptown"
      


    その3枚目のシングル「He Hit Me (It Felt Like A Kiss)」は、
    ジェリー・ゴフィン(Gerry Goffin) と
    キャロル・キング(Carole King) の夫妻のもとで
    ベビー・シッターをしていたリトル・エヴァ(Little Eva) が
    夫妻に話したエピソードをベースにして出来た曲。

    タイトルをそのまま訳せば、
    「かれは私をひっぱたくの、でもそれはキスのような感じなの」って
    まるでサドマゾの世界かと・・・。

    でも歌詞を見ると・・・

    彼へ嘘をついてきたことへの愛の鞭で
    愛があったことだからこその事で最後は彼はやさしく包んでくれ
    そしてキスしてくれて私は彼のものになったの・・・

    と、愛の叱咤激励なんだけど、
    やっぱりドメスティック・バイオレンスな訳で
    それを肯定するような歌詞の曲を
    クリスタルズは嫌々録音させられてしまう。

    ラジオ局も問題になることを恐れ、エアプレイを自主規制してしまい
    結局はヒットには至らない曲になってしまう。
    ま、曲自体も暗い調子で売れそうに無い曲だけど・・・。

      The Crystals "He Hit Me (It Felt Like A Kiss)"
      


    そんな所に見つけてきた曲が
    ジーン・ピットニーが作った「He's A Rebel」。
    これはイケる!と思ったんだろうな。
    でも、クリスタルズはまだニュー・ヨーク。

    で、新人歌手のヴィッキー・カー(Vicki Carr) が
    その曲でデビューするってんで
    焦ったフィル・スペクターはダーレン・ラブ(Darlene Love) の
    ブラッサムズ(The Blossoms)を使った替玉作戦に出る。
    その替玉作戦は見事に成功、初のナンバー1を獲得。

      The Crystals "He's A Rebel"
      


    次のシングルは音楽史に残るような奇妙なストーリー。
    自我の強いフィル・スペクターは共同経営者のレスター・シルと対立し
    フィレスを追い出す。
    シルは自分の持ち株をスペクターに売却したものの
    スペクターは支払いを拒否。
    代わりに次のシングルの収益を支払うことに。

    そこでスペクターは卑怯なセコい手に出る。
    ラジオプレイを考えて短い曲が主流の時代に
    わざとラジオではプレイされないような
    6分近くもある長くてつまらない曲をリリースする。
    それも少ししかプレスしないんだから。
    クリスタルズもこんなのに巻き込まれてかわいそうにね。

      The Crystals "(Let's Dance) The Screw - Part 1"
      


    いろいろあったクリスタルズも翌1963年には、
    これぞクリスタルズと言えるような
    「Da Doo Ron Ron」(3位) と「Then He Kissed Me」(6位) を
    トップ10入りさせ、メデタシメデタシ。

    と言いたい所だけれど、その後スペクターは新しく見つけた
    ロネッツ(The Ronettes) にばかり力を入れるように。
    1964年にはフィレスを離れるが、
    大きなヒットに恵まれず1966年に解散してしまう。

      The Crystals "Then He Kissed Me"
      


    [曲]

    1. The Crystals "There's No Other (Like My Baby)"



    1曲めは、クリスタルズの1stシングル
    「There's No Other (Like My Baby)」。

    クリスタルズには3人のリードボーカルがいて、
    最初にリードボーカルに選ばれたのは
    バーバラ・アルストン(Barbara Alston)。
    でも、観客の前のステージで歌うことが苦手・・・。

    2. The Crystals "He's Sure the Boy I Love"



    2曲目は、2人目のリードボーカルのダーレン・ラブが
    クリスタルズ名義で大ヒットさせた「He's A Rebel」に引き続き
    リードをとった「He's Sure the Boy I Love」。
    1963年、最高位11位。

    3. The Crystals "Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home)"



    3曲目は、途中加入のララ・ブルックス(Dolores "LaLa" Brooks)が
    リードをとった「Da Doo Ron Ron」。
    最初、ダーレン・ラブをリードにして録音したものの、
    スペクターは気に入らず再度取り直し。
    確かに、こっちのほうがしっくりくるかも。1963年、最高位3位。


    The Best of the Crystals The Best of the Crystals


    Bingo | Radi-Comi 2009 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(6) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    今日の夕日部 @ The Crystals
    今日の夕日部 18:28 本当、色んな表情を持ってますなぁ! あっ!iPhoneにも色々なアプリケーションがあるんだ! やばい!欲しい! こ...
    | bikke a go! go! | 2009/06/02 1:00 PM |
    The Teddy Bears - To Know Him Is To Love Him
    The Teddy Bears - To Know Him Is To Love Him 昨日は、アメリカのセオドア大統領の誕生日にちなんだ 「テディ・ベアーの日」ということで、テディ・ベアーズを聴きながら コーヒー・タイムにしました。 テディとはセオドア大統領の愛称で、熊狩りの美
    | 南京豆売りの声がする | 2011/10/28 11:07 AM |
    The Teddy Bears - To Know Him Is To Love Him
    Bingoさんの投稿したなう 風呂上がり金麦タイムなう…かんぱ〜い!! Bingo d:-)10/27 4:01 #music テディ・ベアーズを聴きながらコーヒー・タイム・・・Bingo d:-)10/27 17:26 風呂上がり金麦タイムなう…かんぱ〜い!! Bingo d:-)10/27 21:01 今まで同じ誕生日の人に
    | Bingoのブロ具 | 2011/10/28 11:13 AM |
    Darlene Love - Christmas Is The Time
    Radio-Net Communication "ラジコミ" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Christmas Songs クリスマス・ソング Pt9 + 1. Darlene Love - Christmas Is The Time It's Christmas, Of Course
    | 南京豆売りの声がする | 2011/12/21 4:00 PM |
    Darlene Love - Christmas Time For The Jews
    Radio-Net Communication "ラジコミ" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Christmas Songs クリスマス・ソング Pt9 + Darlene Love - Christmas Time For The Jews 歌詞 Writers: Robert S
    | 南京豆売りの声がする | 2011/12/21 4:02 PM |
    The Crystals - Then He Kissed Me
    1ヶ月ぶりのブログですかね。。。(笑) 実は、、、もう10日くらい前になりますけど、 ジャジャーーーン★★★ 娘が結婚しました!!! ま、理由はいろいろあって、 式は挙げず、籍を入れただけですけど、 一応、めでたいことで、 両家だけでお祝い
    | 南京豆売りの声がする | 2018/03/13 10:33 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>