<< こんなんなりますた | main | わが街・やまと にチョッとだけ >>
Roberta Flack ロバータ・フラック

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Roberta Flack ロバータ・フラック +


    今日はロバータ・フラックの62歳の誕生日(1937年2月10日)ってことで、
    彼女が歌った「やさしく歌って」についてちょっと話してみようかな。


    先週、少し触れた「アメリカン・パイ(American Pie)」(1971)って曲は、
    バディ・ホリー、リッチー・バレンス、ビッグ・ボッパーの
    ロックスター3人が飛行機事故で死んだ1959年2月3日を
    音楽が死んだ日♪The Day the Music Died♪と歌っている。
    歌っているのはドン・マクリーン (Don McLean)。

    Rock Stars Live Fast, Die Young (2009/2/3)

    その彼がまだ無名時代(*注)の出来事。
    ロサンジェルスのナイトクラブ「トゥルバドール(The Troubadour)」の
    彼のパフォーマンスを観たカリフォルニア生まれスイス育ちの
    若い女性シンガーのロリ・リーバーマン(Lori Lieberman) は
    強く心動かされてしまう。
    その気持ちを「Killing Me Softly With His Blues」という詩に残す。

    (*注) アメリカン・パイがビルボード・チャート1位になるのは1972年。
    「Empty Chairs」という曲を聴いてロリはインスパイヤされる。


    この詩を元に作詞家のノーマン(Norman Gimbel)と
    作曲家のチャールズ(Charles Fox)が曲にアレンジ。
    タイトルや歌詞の一部を「His Blues」から「His Song」に変更し、
    セルフタイトルのデビュー・アルバム「Lori Lieberman」の中の
    1曲として1972年8月にリリース。

    この時、ロリ・リーバーマンのバージョンはヒットしなかったけれど
    Billboard誌は「Star Award Artists」の一人として取り上げてくれる。

    YouTube: Lori Lieberman "Killing Me Softly" (1972)"


    この頃、アメリカン航空(American Airlines)は
    機内のミュージックチャンネルの選曲に
    このStar Award Artistsを参考にしていたため、
    移動中のその機内で偶然に聴いたロバータ・フラックは
    ロリの「Killing Me Softly With His Song」を気に入り
    着陸後すぐさまマネージャーを通して交渉。


    ロバータ・フラックのカバー・バージョンは
    1973年1月21日にシングル・リリースされ、
    その後4週間で全米1位に上りつめ、
    さらに5週連続1位をキープする大ヒットとなる。

    1973年の年間ランキングでは8位。
    グラミー賞は3部門(最優秀レコード、最優秀楽曲、
    最優秀女性ボーカル)を受賞。

    1999年にはロバータ・フラックのバージョンは、
    グラミーの殿堂入りを果たす。

    ほかにも、ビルボード(Billboard)誌の選ぶ
    「Greatest Songs of all time」では82位。
    ローリング・ストーン(Rolling Stone)誌の選ぶ
    「The 500 Greatest Songs of All Time」では360位。


    この曲も本当に多くのアーティストにカバーされている曲のひとつ。
    ローリン・ヒル(Lauryn Hill) のいるフージーズ(The Fugees)の
    カバーが1996年の大ヒットで比較的記憶に新しいかな。

    YouTube: The Fugees "Killing Me Softly" (1996)"


    日本ではタイトルを「やさしく歌って」と付けられ、
    当時、歌詞の一部を商品名に代えてネスカフェのCMソングにも採用。
    人気にさらに加速を付けることになる。
    一緒に歌うとついつい商品名で歌ってしまうと歳がばれる・・・。

    YouTube: ネスカフェ (Nescafe) CF


    原題の「Killing Me Softly」の部分を
    「やさしく歌って」と訳しているけれど、
    直訳すれば「穏やかに私を殺して・・・」って全然穏やかじゃない。
    でも悩殺って言葉もあるから本当に殺してって意味じゃなく、
    「あなたの歌でやさしく私の心をかきむしって・・・」ってことでしょう。

    ちなみにExciteの自動翻訳に「Killing Me Softly」と入れてみたら
    「やさしく歌って」と出てきてビックリ。
    (単語の頭は大文字でね。)


    今週末のバレンタイン・デーにはチョコレートと一緒に
    ロバータ・フラックのベスト盤なんてどうでしょうか?
    ってところで曲を。

    ここまで「やさしく歌って」の話をして、もうこの曲しかないでしょう。
    実はもっと好きな曲が他にもあるんだけどね・・・。


    [曲] Roberta Flack "Killing Me Softly With His Song" (1973)

    The Very Best of Roberta Flack The Very Best Of Roberta Flack



    Roberta Flack "Killing Me Softly With His Song"

    Bingo | Radi-Comi 2009 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>