<< Radicomi Flash Light! | main | New Stuff! 入荷情報 >>
Hairspray へアースプレイ (2007)

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Hairspray へアースプレイ (2007) +


    今週も映画の話・・・。
    今週末10月20日(土)からいよいよリメイク版"Hairspray"の公開。
    "Hairspray"ほ話はだいぶ前、去年の3月にしたけれど
    今回は公開前におさらい企画。


    舞台は1962年のボルティモアの街。
    おデブさんの女の子がナンダ〜カンダ〜の苦難を乗り越え
    TVダンス番組のクィーンの座に着くサクセスストーリー。
    POPで楽しいコメディミュージカル映画。

    1988年のカルトムービーがブロードウェイミュージカルになり大ヒット。
    そして、さらにまたそのミュージカル版が映画にリメイク。
    映画自体がサクセスストーリーのよう。


    ジョントラボルトが女装して主人公 トレイシーの母親役に。
    1988年のオリジナルでも同じ役をドラッグクィーンの
    Divine(男)が演じる。
    ブロードウェイミュージカル版でも男が演じ、
    伝統のように今回も男性が女装している。

    主人公のトレイシーも伝統受け継ぐように
    新人のぽっちゃりさんの女の子を起用する。

    この起用された新人の女の子は
    ニューヨークのアイスクリーム屋さんで働く普通の女の子。
    起用を伝えるためにドッキリを仕掛け
    ドキュメンタリーを撮り映画の宣伝にするなど
    いろいろ話題作りに事欠かない。

    話題作りばかりが先行しているような気がして少し心配・・・。
    ジョントラボルタの女装なんてホント客寄せパンダ。
    日本の公式ホームページのキャスト紹介では
    脇役のジョントラボルタが一番上で主人公は最後になっている。


    この映画、実は黒人問題や偏見に対するメッセージが含まれる。
    POPで楽しいHappyなサクセスストーリーばかり前面に押し出している。
    ま、一歩違えば生々しくなるような重苦しいテーマを
    コミカルなミュージカル仕立てにして
    すんなり受け入れさせている所はウマイ。

    実際にはまだリメイク版を観ていないけれど
    元はピンクフラミンゴを作ったB級カルトムービーの奇才・巨匠
    ジョンウォーターズの作品だからね〜。


    舞台は1962年のボルティモア。
    1962年という年は、アメリカにとって特別な年。
    前年にジョンF.ケネディが史上最年少で大統領に就任。

    何か新しいことへの期待溢れる年。
    黒人学生の編入をめぐってミシシッピ大学で暴動が起きる。
    キューバのミサイル危機。
    それまでドラッグも無く、お行儀がよく、黒人問題も浮上していなく
    ヒッピーもいない。
    平穏な古き良きアメリカの風土が保たれていた50年代から
    いろいろな問題・不安が浮上してくる60年代への橋渡しとなる年で
    この年にひとつの時代が終わり、新しい時代が始まる年と言える。

    古い時代の終わりをノスタルジックに描いたのが
    同じく1962年を舞台にした「アメリカングラフィティ」としたら
    「へアースプレイ」は新しい時代の始まりを描いたといえるのでは?


    ボルティモアはメリーランド州最大の都市で、
    全米では18位のメンフィスに次ぐ人口上位の都市。
    そしてジョンウォーターズの生まれ育った所。

    メリーランド州は18世紀にはタバコ産業が盛んで
    黒人の人口割合がディープサウスの州以外では最多。
    ボルティモアは特に多く、黒人約64%で
    その割合は白人の倍を少し上回る数。

    当時はまだまだ黒人たちは隔離され、
    住む所や学校(映画の中では学校は一緒)も別に用意される。

    そんな地域で育ったジョンウォーターズが初めて撮った
    17分の8mm映画では、白人の女の子と黒人が結婚する話。
    彼女を口説くため、彼女をごみバケツに入れて連れ回し
    KKKに結婚式をやらせるというもの。

    この結婚式は自宅の屋根の上で撮影。
    閑静な住宅街の中、誰もが見通せる屋根の上でタブーを見せる。
    これは映画を撮るという行為の前に、パフォーマンス
    またはアクションだったのでは?

    ジョンウォーターズは16歳にして、郊外の中流コミュニティが
    「遠ざけてきた」「無いもの」としていた問題を
    歪んだ形で堂々と表側に浮き彫りにする。
    日常や普段の生活を普通にとしてしまおうとする
    中流意識のようなものへの反発が見える。


    英語の慣用句に「keep up with Joneses」という言葉がある。
    このJonesesは人の名前のジョーンズの複数形で
    匿名的な使い方をしている。

    英英訳をすれば、
    「Keep to equal your neighbors' life style」。
    =ご近所さんと同じようにしていなさい。という右ならえ的な言葉。

    ジョンウォーターズにしてみればクソ食らえなのかな。
    太った女の子が主役、黒人問題、ドラッグクィーンの
    メジャー映画出演も偏見に対しての挑発。
    そもそも、ジョンウォーターズがメジャー映画を作るというのが
    挑発だったのではと思える。
    そのあたり、配給元は理解しているのかな・・・と思える。


    リメイク版でもオリジナル版同様にカメオ出演多数。

    タレント事務所のエージェント役では、
    アダムシャンクマン(監督)、マークシェイマン(音楽担当)、
    スコットウィットマン(作家)、リッキーレイク(オリジナル版主役)。

    ジョンウォーターズはオリジナル版では精神科医役、
    2007年リメイク版ではフラッシャー役。
    フラッシャー役というのはジョンウォーターズらしい役柄で
    見てからのお楽しみ。


    [曲]

    映画の中で、TV番組内で白人と黒人を一緒に出す出さないで
    問題が起き、ストーリーの大きなカギとなる。

    1957年に似たような出来事がある。
    アランフリード(Rock'n'Rollという言葉の生みの親とされる人物)の
    ABC TV番組「Alan Freed Show "The Big Beat"」の中で
    黒人シンガー フランキーライモンが
    白人の女の子と一緒に踊ったというだけで大問題に発展。
    番組は打ち切りに追い込まれ、
    差別主義者たちは待ってましたとばかりに
    アランフリードを陥れ始める。

    そのフランキーライモンのデビュー曲。
    時代は少し前の1956年、POPチャート3位を記録。
    First African-American Idol = Frankie Lymon & The Teenagers
    "Why Do Fools Fall In Love"



    25 Hits: Frankie Lymon and Teenagers
    Frankie Lymon - 25 Hits: Frankie Lymon and Teenagers


    Bingo | Radi-Comi 2007 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(4) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    4月22日に投稿したなう
    Bingoさんの投稿したなう あっ、外が明るくなってきた… さてと、寝よ… Bingo d:-)4/22 4:41 #music 食後のコーヒーなう・・・ BGMは、Foreigner - Waiting For A Girl Like You・・・Bingo d:-)4/22 13:18 #music コーヒーおかわりなう・・・ 今日は奇才ジョン
    | Bingoのブロ具 | 2011/04/23 1:32 PM |
    Gene And Wendell - The Roach (Dance)
    Gene And Wendell - The Roach (Dance) 昨日は、5年前に亡くなった女性R&B歌手の ルース・ブラウン(Ruth Brown) の命日にということにちなんで 自分にとっての初めてのルース・ブラウン体験だった 彼女の出演映画の「ヘアースプレー」の サウンドト
    | 南京豆売りの声がする | 2011/11/18 10:34 PM |
    Gene And Wendell - The Roach (Dance)
    Bingoさんの投稿したなう #music ヘアースプレーのサントラを聞きながらコーヒータイム・・・Bingo d:-)11/17 17:20 風呂上がり金麦タイムなう…ガンバレ日本! かんぱ〜い!! Bingo d:-)11/17 21:01 #8ch ファイナルセットがんばれっ!11/17 21:27 #8ch どっちもス
    | Bingoのブロ具 | 2011/11/18 10:59 PM |
    Gene Pitney - Town Without Pity
    いよいよ7月に入って、 2018年はあと半分です。 そんなキリの良い日に 娘と孫を送り出しました。 向こうの家に入るんです。 孫が生まれて家族が一人増えて 賑やかになったのも束の間で いっぺんに二人がいなくなって しーーんみりしてます。。。
    | 南京豆売りの声がする | 2018/07/02 12:45 AM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>