<< Karla Bonoff カーラ・ボノフ | main | Steven Spielburg スティーブンスピルバーグ >>
Brenda Lee ブレンダリー

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Brenda Lee ブレンダリー +


    今日、12月11日はブレンダリーの63回目の誕生日。
    ブレンダは11歳でレコードデビュー。
    1957年12歳のとき4枚目のシングル"Dynamite ダイナマイト"で
    身長140cmほどの幼く可愛らしい少女から想像もできないような
    ウネリのある大きな歌声で"Little Miss Dynamite"の
    ニックネームが付いた国民的歌手。

    YouTube: Brenda Lee "Dynamite" 1957

    1944年、ジョージア州州都アトランタにある
    州最大のGrady病院で2126gと小さい身体で生まれる。

    家庭は貧しく、生まれたのはチャリティ病棟。
    水道も無い家に住み、兄弟3人は一つのベッドに並んで眠る。
    その日暮らしのような毎日で、
    大工の父親の仕事の都合であちこち転々としている。

    ブレンダ2歳の頃、ラジオから流れてくる音楽に耳を傾け
    一度きいただけで笛で完璧に奏でることができたという。

    3歳になる前には、地元のキャンディストアの店頭で
    歌でキャンディや小銭を稼ぎ出していた。

    1950年5歳のとき、いくつかの小学校合同主催の
    タレントコンテストで優勝し、
    アトランタのラジオショー"Starmakes Revue"への
    一年間レギュラー出演の権利を得る。

    この番組のギャラは無いが、スポンサーはBorden's Ice Cream。
    食べられるだけのアイスクリームを・・・ということだった。

    この番組への出演がきっかけになり
    アトランタのTV局WAGA-TV "TV Ranch"という番組に
    毎週土曜日レギュラー出演するように。

    1953年、8歳の頃、父親が職場の事故で亡くなるが、
    ブレンダはすでに地元ではちょっとした有名人。
    各イベント・ラジオやテレビショーの出演で
    次第に父に代わって一家の稼ぎ柱になっていく。

    1955年、10歳の頃、出演していたTVショー
    "Peach Blossom Special"のプロデューサーから
    本名"Brenda Tarpley"よりも覚えやすいようにと
    "Brenda Lee"と命名。

    この頃、母親は再婚。
    再婚相手はアトランタから東へ約240kmにある
    ジョージア州第2の都市オーガスタにレコードショップを開く。
    店名はズバリ"Brenda Lee Records"。
    地元のラジオステーションのオリジナル番組を
    毎週土曜日3時にこの店から発信。
    ブレンダの曲をじゃんじゃんオンエアー。
    この番組のDJのCharlie Raiford "Peanuts" Faircloth。
    このDJがのちにブレンダを
    地元のスターから全国的なものへと導くことになる。

    1956年2月、C&Wのスター"レッドフォーリー (Red Foley)"が
    ホストを務めている全米ネットのカントリーミュージックショー
    "The Ozark Jubilee"(ABC-TV)がオーガスタにやってくることに。

    そこでDJの"Peanuts" Fairclothはブレンダの歌声を
    ショーの前に聴いてもらえるようフォーリーに頼み込む。
    その歌声を聴いたフォーリーはすぐさま、
    その夜にブレンダをステージに上がらせることに決める。

    リハーサル無しでハンクウィリアムズ(Hank Williams)の
    ジャンバラヤ (Jambalaya) を熱唱。

    身長140cmほどの11歳の可愛らしい少女の
    堂々としたパフォーマンスに
    ステージ脇で見ていたフォーリーは度胆を抜かれる。

    度胆を抜かれたのはフォーリーだけでなく
    オーディエンスもやはり同じこと。
    計4曲を歌い上げたあと、爆発的な拍手は鳴り止まず
    ブレンダをステージに引き止めようとする。

    3月31日に再度ステージに立ち、ファンレターが届き、
    以降、このショーにはほとんどレギュラーのように
    ゲスト出演が3年間続く。
    また、このショーがきっかけになり"Perry Como Show"への
    レギュラー出演するようになる。

    ここまでくればレコード会社もすぐに飛びつく。
    2ヶ月以内の5月21日にはデッカレコード(Decca Records)と
    契約を結ぶ。
    そして、9月17日、ジャンバラヤ(B面:Bigelow 6-200)で
    レコードデビューを果たす。


    現在60歳を越えてもなお歌声は健在。
    12月中、ニュージャージー、ニューヨーク、コネチカット、
    ミシガン、ミネソタの5州にわたり全11ステージをこなす予定。


    [曲] I'm Gonna Lasso Santa Claus

    Brenda Lee - Rockin' Around The Xmas Tree Album: Rockin Around the Xmas Tree




    2ndシングル "Christy Christmas" のB面。
    リリースは1956年10月29日。
    録音はレコードでビューの前、契約後約2ヶ月後の7月30日。
    この日に1stシングルとなるジャンバラヤとこの曲を含め
    合計7曲録音。

    当時、クリスマスソングをメジャーレーベルから
    リリースできるのはそれなりに売れているアーティストのみ。
    デビュー前の新人が録音できるのは異例のこと。
    デッカレコードの自信がうかがえる。

    曲の内容は、サンタクロースが来たら投げ縄で捕まえるの・・・。
    ひげを引っ張って本物だったらくすぐって、
    水鉄砲で攻撃して、隙を狙っておもちゃの入った袋を奪って
    サンタクロースが来ない子どもたちに私が代わって配るの・・・。
    という歌。

    自分が幼い頃(と、言っても当時まだ11歳・・・)貧しさのため
    ロクにクリスマスプレゼントを貰うことができなかった
    その寂しかった気持ちを代弁するかのように
    ブレンダは少し挑戦的に明るく可愛らしく歌っている。

    名義は"Little Brenda Lee"とリトルが付く。
    と言っても、大人になっても身長約145cmとおチビちゃん・・・。


    [クリスマス・ソング関連記事]

    2006年12月19日 White Christmas ホワイト・クリスマス
    2006年12月12日 Connie Francis コニー・フランシス
    2006年12月05日 Behind Story 赤鼻のトナカイ

    Bingo | Radi-Comi 2007 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    Christmas Songs クリスマス・ソング Pt4
    Radio-Net Communication "ラジコミ" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Christmas Songs クリスマス・ソング Pt4 + 今週ももちろんクリスマス・ソングで行っちゃいますからね。。。 124年前の今
    | 南京豆売りの声がする | 2010/12/08 9:33 AM |
    Brenda Lee - Papa Noël
    Radio-Net Communication "ラジコミ" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Santa Claus Songs サンタ・クロース・ソング + 3. Brenda Lee - Papa Noël Rockin' Around The Christmas Tree
    | 南京豆売りの声がする | 2011/12/07 11:08 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>