<< Zombie ゾンビ Part2 | main | Eagles イーグルス >>
Whoopi Goldberg ウーピーゴールドバーグ

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Whoopi Goldberg ウーピーゴールドバーグ +


    今日はウーピーゴールドバーグの52歳の誕生日。
    (1955年11月13日)
    先月、CNN "Larry King Live" のインタビューで
    女優業引退を発表。

    若いゴージャスな女優が仕事を持っていってしまい
    今では出演を打診するための脚本も送ってこない。
    ハリウッドに自分の居場所は無い・・・とのこと。
    今後はTV司会に力を入れていくようだ。

    TVでの活動が中心となると
    日本でお目にかかる機会はなかなか難しくなるだろう。
    早くスクリーンに戻ることを願いたい。

    ちなみに、ウーピーの孫も同じ誕生日。
    ウーピーの34回目の誕生日に生まれたそうで18歳になる。
    ということは、娘が1973年生まれ、16歳で出産の計算。
    (14歳で出産という資料もあり)

    ウーピーは18歳で出産、その娘は16歳で出産。
    孫との歳の差34歳。スゴイ。


    ゴーストではインチキ霊能者、
    天使にラブソングではインチキ修道女で
    独特な雰囲気のキャラクターを見せてくれた女優。
    ガラガラしていて、少しズッコケ、
    時には肝っ玉かあちゃん的な強い女性のイメージかな。
    歌って踊れて、笑わせる女優。
    まゆ毛なし、ボサ髪orドレッドの決してきれいじゃないけれど
    スバラシイ女優だ。

    スゴイのは賞にも表れている。
    アメリカ4大Show-Bizの賞の全てを受賞した四冠王。

    ●Academy (言わずもがな世界三大映画祭の一つ)
    ●Emmy (テレビ芸術に対する賞)
    ●Grammy (音楽芸術に対する賞)
    ●Tony (舞台に対する賞)

    この四冠を獲ったことのある人はたった12人。
    その内、監督や音楽担当などは4人。
    俳優・女優は8人、オードリーヘプバーン、
    バーブラストライサンド、ライザミネリなど
    そうそうたる人たち。
    ウーピーはその中の一人で実はスンゴイ人だったね〜。

    1982年 "Citizen" というカルトムービーでデビュー。
    1985年 スピルバーグの "Color Purple" で主役を務める

    幼い頃 夢見た女優を目指して
    一直線に進んで来たような印象だけれども、
    意外と波乱万丈な人生を歩んできたことは余り知られていないかも。

    幼少の頃、両親が離婚、兄とウーピーは母親に育てられる。
    貧困者用にマンハッタン市が提供する住宅に
    住んでいたこともあったようだ。
    高校生の頃にはヘロイン中毒になったことがあり、
    初めの結婚は18歳、娘を産み、2年ほどで離婚。
    その後も2度の離婚を繰り返している。

    幼い娘を連れてニューヨークからカリフォルニアに移り
    スタンドアップ コメディアンとして自立できるまで
    銀行の出納係、レンガ積み職人、死体安置所のコスメティシャンなど
    いろいろな仕事をしてきた。
    (死体安置所のコスメティシャンは一度だけかも・・・)
    この頃のステージネームが
    "Whoopi Cusion" (ブーブークッションのこと)。
    今の芸名はこの頃の名残。


    幼い頃から女優に憧れていたウーピーが
    その思いを強くしたのが41年前(1966年)に放送開始したTVシリーズ
    "Star Trek スタートレック"。

    この中で登場するのがウフーラ中尉という黒人キャラクター。
    今では黒人主役のTV・映画は珍しくないけれど
    当時ではまだまだ脇役ばかり。
    そんな時代背景の中で "Star Trek" では黒人でしかも女性が
    レギュラーで出演。
    しかも、優秀な士官の役。ウーピーは衝撃を受ける。

    のちに新スタートレックでは時折出演している。
    「タダでもいいから・・・」とウーピー側から出演交渉しても
    俳優組合の取り決めで一応最低賃金は貰ったようだ。
    と言っても、すでにトップスターになってからの話で
    ウーピーにはタダ同然のギャラになったじゃないかな。
    まあそれにしても、宇宙人役にピッタリの顔だと思う。


    いろいろな苦境を乗り越えてきたウーピー。
    もう一つ幼いころから彼女を苦しめてきたものが・・・。
    それは失読症。

    Lerning Disability (LD) 学習障害の一つで
    難読症やディスレクシアとも言われるらしい。
    文字を読むことが困難で、
    読むことができても文字や単語の理解が困難らしい。

    例えば「犬」という文字を読んでも実際の犬を想像できない。
    犬を見て「犬」という文字を起そうとしても書けないらしい。

    音と記号(文字)との関連づけが難しいらしい。
    それはたぶん、目で見た「犬」という文字が、
    「いぬ」という耳で聞いたことのある読み方と関連づけられない。
    すると実際に見たことのある動物の犬を想像するまでには
    至らないと言うことだと思う。
    なので、本を読み聞かせてもらうのには大丈夫らしい。

    他にも2つの文字の違いがわからない。
    鏡の文字のように左右や上下を逆に書くなど。
    人それぞれ度合いやいろいろなパターンがあるらしく
    研究はまだまだ途中の段階。


    小さい頃はウーピー本人もそんな自覚はないし、
    回りも失読症なんて言葉すら知らなかったと思う。
    ストレスを抱えた学校生活を送っていたでしょう。

    因に、失読症を抱える著名人が意外と多いことを知る。
    ざっと挙げると・・・

    [映画界]
    トムクルーズ、オーランドブルーム、キーラナイトレイ、
    クエンティンタランティーノ、ロビンウィリアムズ、
    キアヌリーブズ、アンソニーホプキンス、
    スティーブマックィーン、マーロンブランド・・・

    [経済界]
    ヘンリーフォード(Ford Motors創業者)、
    テッドターナー(CNN創業者)、
    イングヴァル カンプラード(IKEA 創業者)、
    リチャードブランソン(Virginグループ会長)

    [政界]
    ブッシュ現米国大統領、ワシントン初代大統領、
    ジョンFケネディ35代大統領 ほかにも元大統領あり・・・

    [科学者]
    グラハムベル、エジソン、アインシュタイン・・・

    アインシュタインは生涯、
    大文字の「R」を左右逆に書いていたらしい。
    10歳頃までまともな会話もできずにいた。
    回りからノロマと言われ、担任の教師からも退学を勧められほど
    落ちこぼれ扱いをされてもいたらしい。


    子どもの脳の発達は親のボキャブラリーの多さと関連がある・・・。
    という話を以前に聞いたことがある。

    言葉が記号となり脳の活動を司るということから
    言葉を多く使うほうがいろいろな思考ができるようになる・・・
    というような事だったと思う。
    このあたりがきっと本をたくさん読めにつながるのだろう。

    しかしながら、失読症を抱える人は
    文字記号にとらわれることなく物事を俯瞰(上から見る)的に
    全体を把握する能力を養うことができたのでは・・・
    と考えられる。

    治療方法はあらゆる感覚を使った
    アプローチを取り込んだ教育が必要らしい。
    例えば音読の練習なども有効なようで、
    このあたりが五感をフルに使う
    俳優を生むきっかけの一つにもなっているのかなとも思う。

    人間は何か一つ無くしても、
    実は別の何か大きな物を得ているかもしれない・・・。


    何かちっぽけな物を得ようとして
    何か大きな物を失わないように気を付けなきゃね・・・。
    最後はウーピーの話からこんな話になってしまった。


    [曲] Little Peggy March "I Will Follow Him"

    I Will Follow Him I Will Follow Him




    ウーピー主演 "天使にラブソングを" のクライマックスシーン。
    ローマ法王を迎えてのミサで使われた曲。

    オリジナルは "Downtown" のぺトラクラークが歌った
    ポールモリア作曲の "Chariot シャリオ"。
    フランスでヒットした。

    それに英語の歌詞をつけて、当時15歳のリトルペギーマーチが
    1963年に歌い大ヒット。当時、史上最年少で全米No1を獲る。
    映画では歌詞の一部をアレンジしている。

    映画の原題:Sister Actのアクトは新約聖書でいう
    使徒行伝の事を言うらしい。
    簡単に言うと「尼さんの伝道」。

    売れないクラブ歌手が修道女を演じながら
    自分の奔放な生き方を歌を通して伝道する・・・と、
    演じる=act にかけたタイトルになっているのかな・・・。

    Sister Act "I Will Follow Him"


    Bingo | Radi-Comi 2007 | 23:33 | comments(0) | - | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>