<< Howdy, Pardner! | main | Karla Bonoff カーラ・ボノフ >>
Linda Ronstadt リンダ・ロンシュタット

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Linda Ronstadt リンダ・ロンシュタット +


    先週のイーグルス(Eagles) つながりで
    今週のお題は恋多き魔性の女 リンダ・ロンシュタット。


      Eagles "Witchy Woman" 魔女のささやき 1972
      Writers: Don Henley, Bernie Leadon

      

      Raven hair and ruby lips
      漆黒の髪、ルビーレッドの唇
      Sparks fly from her finger tips
      指を鳴らせば火花が散る
      Echoed voices in the night
      闇夜に彼女の声が響き渡る
      She's a restless spirit on an endless flight
      彼女の魂は休みなく飛び続け
      Witchy woman, see how high she flies
      魔性の女はどこまでも高く飛び
      Witchy woman she got the moon in her eye
      魔性の女は月までも捕らえる

      She held me spellbound in the night
      夜になると私に呪文をかけた
      Dancing shadows and firelight
      踊る影、燃える火の明かり
      Crazy laughter in another room
      もう一つの部屋では狂った笑い声
      And she drove herself to madness
      with a silver spoon
      そして銀のスプーンで彼女は自ら狂気に導く

      Well I know you want a lover
      知ってるぜ、お前は恋人が欲しいんだ
      Let me tell your brother
      She's been sleeping in the devil's bed
      言わせてくれよ、彼女は悪魔のベッドに寝ているんだ
      And there's some rumors going round
      Someone's underground
      言わないだけだがみんな知っている
      She can rock you in the night time
      'til your skin turns red
      夜にはヒリヒリするまで転がされちまうぞ
      (意訳 Bingo)


    恋を武器にしてきた強かな女の歌ともとれるこの歌。
    リンダ・ロンシュタットをモデルにしていると言われているが
    確かに恋多き彼女。
    JDサウザー、ミック・ジャガー、ジム・キャリー
    ジョージ・ルーカスにいたっては婚約も。
    カリフォルニア州知事 Jerry Brownのときは
    もう一歩で初のRock'n'Roller First Lady の誕生だった。


    彼女のニックネームには、
    Queen of Rock、Queen of Country Rock とか、
    First Lady of Rock なんてものも・・・。

    本名: Linda Marie Ronstadt
    1946年7月15日、現在61歳。アリゾナ州ツーソン出身。
    父はメキシコ系、母はドイツ系。

    アリゾナ州はテキサス州と同じく
    国境を越えればすぐにメキシコ。
    場所によっては英語よりもスペイン語のほうが
    通りやすい所があるという。
    ツーソンは10人に3〜4人がヒスパニックかラテン系。
    カントリーとメキシコ音楽がラジオの中心。

    父はギタリストで歌も得意。作曲もするらしい。
    母はオペラ歌手志望だったとか。
    幼い頃から音楽を志す下地はできていたようだ。

    High School時代には姉と兄と3人で
    カントリーバンドを組むようになる。

    1964年、アリゾナ大学を卒業後L.A.に。
    学生の頃からの友人ボブ・キメルとケニー・エドワーズを加え
    紅一点アコースティック・ロック・トリオ
    "The Stone Poneys"を結成する。
    有名なClub "Troubadour" などに出演、
    デビューのチャンスを得る。

      The Stone Poneys "Carnival Bear" (1968)
      


    1967年、1stアルバムをリリースするもののヒットには至らず。
    2ndアルバムからのシングルの
    「悲しきロックビート(Different Drum)」が
    全米13位を記録するが後が続かず
    1968年、約2年で解散。ソロに転向する。

      Linda Ronstadt "Different Drum"
      

    1969年、ソロデビューアルバム
    "Hand Sown... Home Grown" をリリースするも
    これもブレイクにはつながらない。

    ソロ1枚目、2枚目ともカントリーロック中心だったものを
    3枚目ではよりロック色を濃くした再デビューアルバムと言える
    自らの名前をタイトルにした「Linda Ronstadt」をリリース。
    それでもまだブレイクには至らない。

    この再スタートを切ったときのバックバンドが
    のちのイーグルスとなる。


    この後もしばらく低迷が続くが、
    当時の大物プロデューサーのピーター・アッシャーに出会い
    大きな転機をを迎える。

    1974年、ソロ5枚目アルバム「悪いあなた(Heart Like A Wheel)」
    からのシングル「悪いあなた(You Are No Good)」が
    全米1位を記録する大ヒット。

      Linda Ronstadt "You Are No Good" (1976, Live)
      

    続いて、
    「いつになったら愛されるのかしら(When Will I Be Loved?)」も
    全米2位の大ヒット。彼女の時代の幕開けとなり、
    West Coast Sound Movement の中心的存在になっていく。

      Linda Ronstadt "When Will I Be Loved?"
      


    当時、自分のオリジナル曲を歌う
    シンガーソングライターが主流になりつつあった時代。
    しかし、リンダのアルバムはほとんどがカバー曲のため、
    優れた歌唱力と独自の表現力が要求される。
    また、カバーアーティストとしての選曲も勝負のカギとなるっていた。

    そのアルバムの選曲には2種類の絶妙なブレンドが見られる。
    過去からのものと未来からのもの。

    過去からのものは、幼い頃から親しんできたオールディズや
    埋もれていた名曲をリバイバル。

    バディ・ホリー(Buddy Holly)、
    ロイ・オービソン(Roy Orbison)、
    チャック・ベリー(Chuck Berry)、
    スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)、
    マーサ&ザ・バンデラス(Martha& The Vandellas) など...

    未来からは、これから有名になろうとしている
    ソングライターたちの曲。

    Eagles「ならず者(Desperado)」、
    Elvis Costello「アリソン(Alison)」、
    他にはJ.D. Souther、Karla Bonoff の曲など...


    現在はAnn Savoyと女性2人組ユニット
    "The Zuzu Sisters"を組み、
    The Stone Poneysでキャリアをスタートした頃の
    原点に帰ったアメリカン・トラディショナルを歌い
    国民的歌手の地位を保っている。


    [曲] Linda Ronstadt "Tracks Of My Tears ひとすじの涙"

    Prisoner in Disguise Prisoner in Disguise




    もとはスモーキー・ロビンソンが率いる
    ミラクルズの1965年のヒット曲。
    R&Bチャート最高位2位を記録した名曲。

      Smokey Robinson & The Miracles "The Tracks of My Tears"
      

    モータウン(Motown) サウンドを見事に
    Linda節にアレンジして自分のものにしている。
    モータウン25周年記念コンサートでは
    この曲と「Ooo Baby Baby」を
    スモーキー・ロビンソンとデュエットもしている。

    1975年のアルバム、
    「哀しみのプリズナー(Prisoner in Disguise)」に収録。


    YouTube:
    Smokey Robinson & The Miracles
    "The Tracks Of My Tears"


    YouTube:
    Smokey Robinson & Linda Ronstadt
    "Ooo Baby Baby" & "The Tracks Of My Tears"
    from 25th Anniversary of Motown


    Bingo | Radi-Comi 2007 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(5) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    今日のオンエアー曲
    1*Angel [Jimi Hendrix] 2*Tracks Of My Tears [Linda Ronstadt] 3*Beause It\'s Not Love [The Pipettes] 4*Hair Of The Dog [Nazareth] エンディング*Cry Baby [MN] Linda Ronstadt \"Track Of My Tears\"
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2007/11/28 1:41 AM |
    Karla Bonoff - Restless Nights
    Karla Bonoff - Restless Nights 最近、眠りが浅いのか、一日中眠いです。。。 そんなワケで、直訳=休めない夜、 邦題はもっとロマンチックに「ささやく夜」なんて タイトルが付けられていますが 昨日はカーラ・ボノフのこのアルバムを聴きながら コ
    | 南京豆売りの声がする | 2011/10/14 1:45 PM |
    Karla Bonoff - Restless Nights
    Bingoさんの投稿したなう #music カーラ・ボノフを聴きながらコーヒー・タイム・・・Bingo d:-)10/13 16:19 風呂上がり金麦タイムなう…かんぱ〜い!! Bingo d:-)10/13 21:01 >>もっと見る Karla Bonoff - Restless Nights 最近、眠りが浅いのか
    | Bingoのブロ具 | 2011/10/14 1:52 PM |
    Smokey Robinson And The Miracles - The Tracks Of My Tears
    ついこの間、ラジオから流れてきた このスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの 「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」の和訳に挑戦してみました。 「ひとすじの涙」という邦題が付けられていますが、 複数形になっているので「ふたすじの涙」じゃない
    | 南京豆売りの声がする | 2013/05/11 4:43 PM |
    Eagles - Life In The Fast Lane
    先週の金曜日に保土ヶ谷バイパスの下りで、 自分の車じゃなかったけど、後ろから追突されました。 いわゆる、カマを掘られたってヤツです。 それも、3台の玉突き事故の先頭でした。 渋滞中のゆっくり運転中の追突だったので 怪我もなく大きな事故にはな
    | 南京豆売りの声がする | 2013/11/24 11:09 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>