<< Worl-A-Girl - Jamaican Bobsledding Chant | main | Run-D.M.C. - It's Tricky >>
Toni Basil - Mickey

0


    このあいだ、YouTubeを見ていたら、
    ルノー・カングーのWEB CMが流れてきて、
    おっと、♪ダンダンダン ダッダ ダダン♪じゃん?!
    って思ったんですが、どうやら、もうとーーーっくの
    去年の秋ごろから続いているCMだったんですね。。。

    って、乗り遅れた感がしているBingoです。
    どうも、こんにちは。


    Renault KANGOO CM



    そういや、サンボマスターの新曲「花束」も
    ♪ダンダンダン ダッダ ダダン♪ですね。


    サンボマスター - 花束
    ウコンの力presents
    「いま花束をあげたい人は誰ですか?」



    VA - Fine The Hit Show


    さてさて、選曲ですが、
    前回の「チャント」つながりで
    トニー・バジルの「ミッキー」です。


    が、その前に、、、

    「チャント (chant)」と言うのは、
    節を付けた語りって感じでしょうか。
    日本語で言うと「詠唱」とか「唱和」と
    言われるそうです。

    と言っても、いまいちピンと来ませんよね。

    和歌とかお経もそのひとつだそうです。
    ラップなんかも広い意味ではそうかもしれません。

    それよりも、応援などの掛け声が
    馴染みがあるでしょうか。

    ♪かっ飛ばせーっ!○○ (名前)!とかね。

    どっちかと言うと、
    ボクのイメージはこの応援の方でした。


    The Routers - Lets Go! With The Routers


    そんな応援のリズムのパターンに、
    とても影響を与えた曲がありました。

    それは、1962年にリリースされた
    ルーターズの「レッツ・ゴー」です。


    The Routers - Let's Go (Pony) (1962)



    ♪タンタン タタタン タタタタ レッツゴー♪
    っていう、聞けば誰もが
    「あ〜!」ってなるはずです。


    もともとは、弦楽器のパートも入れる予定だったものを
    録音当日に急きょ取りやめたことによって、
    手が空いてしまった弦楽器担当者に
    手拍子と掛け声をお願いしたそうです。


    サブライトルに「ポニー」とある通り、
    ポニーがパッカパッカと足踏みするような
    ダンス用の曲だったのが、
    意外にもこの手拍子と掛け声が
    当時のチアリーディングに取り入れられて
    広まりました。

    ジャケット写真がチアリーダーなのは、
    きっとアルバム制作時の後付けでしょうね。


    そんな2-3-4-2のパターンが、
    ♪ダンダンダン ダッダ ダダン♪と同じように
    特に名前も無いのにいろんな曲に
    引用されているってワケです。


    そのひとつが、チアリーディングのイメージを
    そのまんま持ってきたのが、
    このトニー・バジルの「ミッキー」です。

    ゴリエのカバーも大ヒットしましたね。
    と言っても、トニー・バジルの方も
    実は、カバーなんですよね。


    Gorie with Jasmine & Joann - Mickey (2004)



    元は、レイシーの「キティ」という曲でしたが、
    歌詞の中の男と女の立場を逆にしたものにして、
    トニー・バジル自身、高校生の頃に
    チアリーダーだった経験を生かして
    例のチャントを付け加えて大ヒットしました。


    ところが、後半の一行がいろんな噂を呼びました。

    I'll take it like a man

    「私が男のようにしてもいいわ」ってところです。

    この一行は男と女を書き換えられなかったんですね。
    なので、ミッキーはゲイなんじゃないかという
    噂が広まりました。

    でも、トニー・バジルは否定していました。
    ので、ここでは、男のようにリードしてもいいわ
    と解釈してみましたが、どうでしょう。


    ところで、トニー・バジルって
    一発屋だと思っている人が多いかと思いますが、
    確かに大ヒット曲はこれだけなので仕方ないです。


    でも、もともとは1960年代から
    ダンサーや振付師として活躍していて
    とても有名な人なんです。

    多くの映画やミュージックビデオの
    振り付けやダンサーとして参加しています。


    Talking Heads - Once In A Lifetime (1981)
    : Directer, Choreographer



    最近だと、クエンティン・タランティーノ監督の
    「ワンス・アポン・イン・ハリウッド」の
    振り付けを担当していました。
    現在、76歳で現役ダンサーです。


    Quentin Tarantino Talks Toni Basil on ABC's, Eye on L.A.



    ちなみに、このミュージック・ビデオの中に登場する
    緑のシャツを着た人はミュージシャンではなくて、
    1970年代に一緒に活動していたダンスチーム
    「ロッカーズ (The Lockers)」のメンバーで、
    映画「ブレイクダンス (Breakin')」ではオゾン役の
    Adolfo "Shabba Doo" Quiñones です。

    ストリートダンスのジャンルのひとつの
    「ロックダンス」は彼らがオリジネーターです。


    The Lockers



    被っている特徴のある帽子は、
    彼らのアイコンのひとつで
    振り付けの小道具としてもよく使われています。


    そして、もう一人目立っているパンク男は、
    DEVOの「(I Can't Get No) Satisfaction 」の
    ビデオにも登場しているダンサーです。


    DEVO - (I Can't Get No) Satisfaction (1977)







    Toni Basil - Mickey Lyrics



    Writers: Mike Chapman, Nicky Chinn
    意訳: Bingo



    Oh Mickey, you're so fine
    You're so fine, you blow my mind
    Hey Mickey, hey Mickey
    Oh Mickey, you're so fine
    You're so fine, you blow my mind
    Hey Mickey, hey Mickey

       ああ、ミッキー
       あなたってとっても素敵
       あなたに夢中なの
       ねえ、ミッキー
       ああ、ミッキー
       あなたってとっても素敵
       あなたに夢中なの
       ねえ、ミッキー

    Hey Mickey
    You've been around all night
    And that's a little long
    You think you've got the right
    But I think you've got it wrong
    Why can't you say goodnight?
    So you can take me home, Mickey

       ねえ、ミッキー
       一晩中うろついてたなんて
       ちょっと長いんじゃない
       あなたは良いと思ってるようだけど
       でも間違ってると思うわ
       なぜ、おやすみの言葉を言えないの?
       そしたら、私を送って行けるじゃない

    'Cause when you say you will
    It always means you won't
    You're givin' me the chills
    Baby, please, baby don't
    Every night you still
    Leave me alone, Mickey

       あなたの言う「つもり」は
       いつも「しない」って意味だから
       あなたは私を不安にさせるの
       ベイビー、お願い、やめて
       毎晩、ひとりぼっちにするのは

    Oh Mickey, what a pity
    You don't understand
    You take me by the heart
    When you take me by the hand
    Oh Mickey, you're so pretty
    Can't you understand
    It's guys like you, Mickey
    Oh what you do Mickey, do Mickey
    Don't break my heart, Mickey

       ああ、ミッキー、残念ね
       あなたは全然わかってない
       あなたにハートも奪われてるわ
       あなたに手に引かれただけで
       ああ、ミッキー
       あなたってとっても可愛い
       わかってないでしょ
       あなたみたいな男が
       あなたがしてることを
       私の心を傷つけないでよ

    Hey Mickey
    Now when you take me by the...
    Who's ever gonna know
    And every time you move
    I let a little more show
    There's something you can use
    So don't say no Mickey

       ねえ、ミッキー
       ほら今が私を連れ出す時よ...
       誰も知らないけど
       あなたが動くたびに
       ちょっとずつ教えてあげる
       あなたが必要としているものを
       だからノーって言わないでね

    So come on and give it to me
    Anyway you can
    Anyway you want to do it
    I'll take it like a man
    But please baby, please don't
    Leave me in the jam Mickey

       だからこっちに来て
       そして私にちょうだい
       あなたに出来ることを
       あなたがしたいように
       私がリードしてあげてもいい
       でも、お願い、ベイビー
       混乱の中に置いて行かないで






    Racey - Kitty Lyrics



    Writers: Mike Chapman, Nicky Chinn
    意訳: Bingo



    You've played around all night
    But that's a little long
    You think you've got the right
    But I think you've got it wrong
    Why can't we say goodnight
    So I can take you home Kitty

       一晩中うろついていたなんて
       ちょっと長いんじゃない
       キミはそれで良いと思ってるようだけど
       でも間違ってると思うよ
       なぜ、おやすみの言葉を言えないの?
       そしたら、キミを送って行けるのに

    When you say you will
    It always means you won't
    You're giving me the chills
    Please baby don't
    Every night you still
    Leave me all alone Kitty

       キミの言う「つもり」は
       いつも「しない」って意味だから
       キミはボクを不安にさせるよ
       ベイビー、お願い、やめて
       毎晩、ひとりぼっちにするのは

    Oh Kitty what a pity
    You don't understand
    You take me by the heart
    When you take me by the hand
    Oh Kitty you're so pretty
    Can't you understand
    It's girls like you Kitty
    What you do Kitty do Kitty
    Don't break my heart Kitty

       ああ、キティー、残念だよ
       キミは全然わかってない
       キミにハートも奪われてるんだ
       キミに手に引かれただけで
       ああ、キティー
       キミってとても可愛いよ
       わかってないでしょ
       キミみたいな女の子が
       キミがしてることを
       ボクの心を傷つけないでくれ

    Now when you take me by the nose
    How am I gonna know
    If every time
    You put your little limb on show
    There's something you should know
    So don't say no Kitty

       キミが鼻でボクを操ってるなんて
       どうやって気づけばいい
       もしキミが小さな手足を
       見せてくるたびに
       キミが知っておくことがある
       だからノーって言わないでくれ

    So come on and give it to me
    Anyway you can
    Anyway you want to do it
    I'll take it like a man
    Please baby, please don't
    Leave me in this jam Kitty

       だからこっちに来て
       そしてボクにくれないか
       キミに出来ることを
       キミがしたいように
       男として受け入れるよ
       どうかお願いさ、ベイビー
       混乱の中に置いて行かないで


    [Toni Basil 関連記事]

    2011.01.11
    One-One Songs ワン・ワン・ソング
      3. Talking Heads - Once In A Lifetime

    2009.10.13
    Sporting Songs スポーツ関連の曲 Pt2
      11. Toni Basil - Mickey


    [♪ダンダンダン ダッダ ダダン♪ 関連記事]

    2020.02.09
    Daryl Hall & John Oates - Maneater (歌詞+和訳)

    2020.02.06
    Stevie Wonder - Part-Time Lover (歌詞+和訳)

    2020.02.03
    The Supremes - My World Is Empty Without You (歌詞+和訳)

    2020.02.01
    Martha & The Vandellas - I'm Ready For Love (歌詞+和訳)

    2020.01.28
    The Rockats - Woman's Wise (歌詞+和訳)

    2020.01.18
    The Smiths - This Charming Man (歌詞+和訳)

    2020.01.15
    The Jam - Town Called Malice (歌詞+和訳)

    2020.01.05
    The Supremes - You Can't Hurry Love (歌詞+和訳)

    2020.01.04
    Green Day - Stray Heart (歌詞+和訳)


    [Bo Diddley Beats 関連記事]

    2009.06.02
    Bo Diddley Beats ボ・ディドリー・ビーツ 2/2
      15. Elvis Presley - (Marie's the Name) His Latest Flame
      16. The Miracles - Mickey's Monkey
      17. The Supremes -
      When The Lovelight Starts Shining Through His Eyes
      18. The Strangeloves - I Want Candy
      19. Jefferson Airplane - She Has Funny Cars
      20. The Stooges - 1969
      21. Kenny Loggins - Footloose
      22. Guns N' Roses - Mr. Brownstone
      23. The Allman Brothers Band - No One To Run With
      24. Green Day - Castaway
      Bruce Springsteen - She's The One
      The Saints - Swing For Crime
      Joan Jett & The Blackhearts - Be Straight
      The Pretenders - Cuban Slide
      The Pretenders - Break Up The Concrete

    2009.06.02
    Bo Diddley Beats ボ・ディドリー・ビーツ 1/2
      1. The Gladiolas - Little Darlin'
      2. Bo Diddley - Bo Diddley
      3. The Crickets - Not Fade Away
      4. The Rolling Stones - Please Go Home
      5. The Who - Magic Bus
      6. David Bowie - Panic in Detroit
      7. Ace Frehley - New York Groove
      8. Nick Lowe - I Love The Sound of Breaking Glass
      9. The Clash - Rudie Can't Fail
      10. The Smiths - How Soon Is Now?
      11. George Michael - Faith
      12. U2 - Desire
      13. Primal Scream - Movin' on Up
      14. KT Tunstall - Black Horse and the Cherry Tree


    Bingo | Yesterday's Melody | 23:59 | comments(0) | - | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>