<< Donald Fagen - Tomorrow's Girls | main | Will Smith - Men in Black >>
Michael Sembello - Maniac

0


    じわじわとアレが近づいてる気配を
    鼻と目で感じ始めているBingoです。
    どうも、こんばんは。

    アレルギー体質を改善する薬ってのを
    飲んでいるので、今年は安心していましたが、
    やっぱり花粉が飛んでいるんですね。

    飲んでいるから、これだけで治まっているのか
    飲まないともっとひどいのか。。。(笑)


    そんなことよりも、まだまだ新型コロナウイルスの
    新しい感染者のニュースが続きそうですね。

    ここ神奈川県内でも感染者が多く出ていますので
    ほんと他人事じゃありません。

    でも、マスクって苦手なんですよね。。。(汗)


    で、、、ちょっと思い出したんですが、
    昔は「ビールス」って呼んでませんでしたっけ?

    もちろん「ウイルス」って言葉もありましたけど、
    分かってたような分かっていなかったような。。。


    今は「コンピューターウイルス」なんて言葉があって
    「ウイルス」に定着していますけどね。。。

    いったい、アレはなんだったんでしょう。。。


    どうやら、、、
    1953年に日本ウイルス学会が設立されたのをきっかけに、
    それまでいろいろあった「virus」の呼び名、
    「ビールス」「ウイルス」「ヴイルス」などが
    ラテン語発音由来の「ウイルス」に統一されたそうです。

    しかし、そのごも、日本医学会やメディが
    ドイツ語の発音に由来した「ビールス」を
    用いたため混乱が起きたそうです。


    そんなワケで、
    英語では「ヴァイラス」と発音するので、
    「コンピューターウイルス」は、
    和製英語ってことになりますかね。。。


    Michael Sembello - Maniac


    そんなところで、選曲ですが、、、
    映画「フラッシュダンス」を覚えていますか?

    この映画の挿入歌、
    マイケル・センベロの「マニアック」です。

    主演のジェニファー・ビールスが可愛かったです。
    そりゃ、もうね、映画館に観に行っちゃいましたよ。
    付き合い始めたばかりの彼女と一緒にだけど。(笑)


    この映画が公開された当時は、
    「おいおいっ、ビールスなんてすっげー名前だな!」
    と、綴りの事など考えが及ばない
    おバカな高校2年生の夏でした。(笑)
    スペルは「Jennifer Beals」です。


    あ、話がそれますが、映画「ダイハード」の
    「ブルース・ウィリス」を、
    「ブルース・ウイルス」って言う人いません??
    あれって、モヤっとしちゃうんですよね。。。(笑)


    Flashdance - Trailer (1983)



    さてさて、歌の解説ですが、
    和訳するにあたってネット検索しても、
    みんな少しずつ違うんですよね。。。

    なので、いろいろ和訳しているサイトも
    参考にさせてもらいましたけど、
    やっぱりみなさんバラバラで、
    あんまり参考になりませんでした。。。


    もう、何度も耳を澄まして聴いてまとめました。
    ライブバージョンを聴くと
    分かりやすかったりすることがありますね。
    歌詞を間違えている場合も
    あるかもしれませんけど。。。(笑)


    もう一行目からつまづいてしまったんです。(汗)

    「still」なのか「steel」なのか、、、

    レコードに付いている歌詞は
    「still」なんですよね。。。


    映画の舞台は「ピッツバーグ」で、
    鉄鋼業が盛んな街です。

    主人公は、溶接工と夜のダンサーを掛け持ちしながら
    プロのダンサー養成学校を目指しますので、
    「steel」で間違いなさそうです。

    「still」じゃ「「ただの静かな町娘」みたいに
    なっちゃいますもん。(笑)

    ちゃんと映画の内容に沿った
    歌詞になってるんです。


    「フラッシュダンス」は、
    ミュージック・ビデオ風に作られた映画の
    走りと言われています。

    曲のプロモーション用のビデオも、
    映画のシーンをそのまま多く使って
    カッコ良かったです。

    ボクは、主題歌よりも、
    こっちの「マニアック」の方が好きでした。


    この曲は、スシャッター映画(殺人鬼物) を観たあとに
    書き上げたそうで、その歌詞は、、、

    ヤツは熱狂者
    アンタの猫を殺してドアに釘で打付ける

    みたいな、猫大好き人間にはビックリな内容でした。


    マイケル・センベロって、
    一発屋なイメージでしたけど
    実はすごい人みたいですね。
    Wikipediaを読むまで知りませんでした。。。

    17歳ですでにスティービー・ワンダーの
    バックでギターを弾いていたそうです。


    「センベロ」って、
    高校生の頃は、「煎餅」みたいだな、、、
    なんて思っていましたが、
    オッサンになってみると
    「千円でベロベロ」みたいだな、、、
    って、なんだかヤですね。。。(笑)


    あと、、、ジャケット写真は、
    もっと他に無かったんですかね。。。(笑)






    Michael Sembello - Maniac Lyrics



    Writers: Dennis Matkosky, Michael Sembello
    意訳: Bingo



    Just a steel town girl
    On a Saturday night
    Lookin' for the fight of her life
    In the real-time world
    No one sees her at all
    They all say she's crazy

       鉄の街、ひとりの娘
       土曜日の夜
       人生の戦いを探してる
       流れる現実世界では
       だれも彼女に見向きもしない
       言うことはあの娘は狂ってるとだけ

    Locking rhythms
    To the beat of her heart
    Changing movement into the light
    She has danced into the danger zone
    When a dancer becomes a dance

       胸の鼓動のリズムに合わせて
       光の中へ動きを向ける
       危険な場所で踊ってきた
       「踊り」そのものになって

    It can cut you like a knife
    If the gift becomes the fire
    On a wire between
    Will and what will be

       ナイフのように斬り込むだろう
       その天性に火が着けば
       希望とその先をつなぐ糸の上で

    She's a maniac, maniac
    On the floor
    And she's dancing like
    She's never danced before
    She's a maniac, maniac
    On the floor
    And she's dancing like
    She's never danced before

       あの娘は憑りつかれてる
       ダンスフロアに
       あの娘は踊る
       今まで踊ったことが無いように

    Crazy, crazy, crazy...

    On the ice-blue line of insanity
    Is a place most never see
    It's a hard-won place of mystery
    Touch it, but can't hold it

       蒼い薄氷の上の狂気の細い線
       わずかな人しか見えない場所
       努力の末にたどり着ける秘境
       触れることはできても
       留まることは難しい
       
    You work all your life
    For that moment in time
    It could come or pass you by
    It's a push'n shove world
    But there's always a chance
    If the hunger stays the night

       キミは一生をかけて取り組む
       その一瞬のために
       訪れるのか、通り過ぎるのか
       押し合いの世界にも
       チャンスは転がってる
       眠らない飢えがあるなら

    There's a cold kinetic heat
    Struggling, stretching for the beat
    Never stopping with her head
    Against the wind

       熱い感情に対する冷淡さのなか
       もがき、打ち続け
       逆風にも負けることはない

    She's a maniac, maniac
    I sure know
    And she's dancing like
    She's never danced before
    She's a maniac, maniac
    I sure know
    And she's dancing like
    She's never danced before

       あの娘は憑りつかれてる
       間違いなく
       あの娘は踊る
       今まで踊ったことが無いように

    It can cut you like a knife
    If the gift becomes the fire
    On a wire between
    Will and what will be

       ナイフのように斬り込むだろう
       その天性に火が着けば
       希望とその先をつなぐ糸の上で


    Bingo | Yesterday's Melody | 23:05 | comments(0) | - | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>