<< Main Source - Looking At The Front Door | main | Bad Manners - Lip Up Fatty >>
MC Mell'O' - Open Up Your Mind

0


    強制引きこもりから解放されて
    もう10日以上経っていますが
    いまだに病み上がり感が残ってるBingoです。


    The Rebirth Of Cool


    さてさて、前回のコンピレーション・アルバムの
    もともと持っていたVol. 1の方から1曲選んでみました。

    やっぱり、この手の曲の歌詞は
    なかなか見けられないものですね。

    他にもっと好きな曲があるのですが、
    歌詞を検索してみてもまったくヒットしませんでした。

    あ、でもこの曲も好きですよ。
    このCDは買った当時、良く聞いてました。


    で、この曲、内容がとにかく難解で、、、
    何回も諦めようかと思いました。。。

    (駄洒落じゃありませんから、、、念のため 笑)


    単語もまったく馴染みの無い
    難しいのばっかりで、、、

    なので、参考の「さ」にもなりませんので
    悪しからず。。。(汗)






    MC Mell'O' - Open Up Your Mind Lyrics



    Writer: MC Mell'O' / 意訳: Bingo



    Introductions due
    So I state this
    Some will not wish to hear this
    But I persist to dismiss, allow the diss
    Lyrics consist of thoughtful rhymes
    For the mind, designed to find bliss and
    Rip the roof of, your dome
    You're probably prone, to be engulfed
    By my vocal tone, or the message-that-flows
    Throw the life in my veins resire I am one
    And we are, one, Same
    Aggression attacks the mic
    One time real tight, is show the might
    While the groove excites persist to bring
    Funkier things with style like this
    You'll never miss, you'll persist to swing
    So yo, allow me to introduce for you
    The first verse of a style that's true
    Think I'm bluffin', I gave you some
    I just begun, my mind is conscious
    The consciousness of one

       前置きしておこう
       これを聞きたくない人もいるだろう
       でも追い出されるまでやるぜ
       不満も甘んじて受けよう
       歌詞は心尽くしの韻から作られ
       心が幸せに辿り着くまでの設計図
       オマエの脳天を裂き
       オマエは飲み込まれようとうつむき加減
       オレの歌の色、または自由な流れの伝言
       オレの血に命を預けろ、オレが再生の父
       そしてみんながひとつになる、同じになるのさ
       マイクの攻撃
       一度強く引き締める、力の見せつけ
       うねりが沸立ついている間にもたらすのは
       こんな感じのもっとファンキーなモノ
       オマエは不自由することなく体を揺らせる
       そう、だから案内させてくれ
       真実と言う様式の一番目の詩
       ぶっきらぼうだけど少しは届けた
       まだ始まったばかり、オレの心は意識
       ひとつの自覚

    Hip Hop and Rap and the graff
    And the scratch
    I ain't new to none of it
    Can't get enough of it
    Part two, the second verse
    And the middle rhyme of words
    Constructed by me
    And defined on time
    Anyway I feel or choose
    You fail to abuse any word
    I use that's quoted in text
    Oh heck, and then next
    You try to find fault
    But you end up vex
    Frustration won't get the best of ability
    Slow me down, obstruct capability
    Release your force
    Use the past as direction
    like a compass course of perfection,
    I'm not preachin',
    I'm simply reachin' those of us
    Who cuss lack of teachin',
    Yeah, yeah, yeah
    Consciousness of one to identity

       ヒップホップ、ラップ、スクラッチ
       オレにとってはどれも日常
       まだ足りないくらい
       パート2、二番目の詩
       オレが連ねた言葉の中間韻
       時間通り
       とにかく、感じるか、選ぶか
       オマエは言葉の乱用で失敗
       オレは教科書を引用
       ふんっ、さあ次
       オマエはイラつかせるばかりのアラ探し
       欲求不満じゃ才能も埋もれちまう
       ゆっくりさせてくれ、才能の妨害
       オマエの力を解き放て
       方向として過去を使え、
       完璧な羅針盤が指す方向へ
       これは説教じゃない、
       手を伸ばしているだけ、
       教育不足を呪うオレらみんなと
       同一性へのひとつの自覚

    The summary - commit it to memory
    The word's I manifest co-exist with longevity
    If you don't heed it now
    You will next time
    Or next year or next word or next rhyme
    Well, I tell that the first verse starts
    With a revelation of thoughts
    I a third of the part
    Yet we, should be whole
    With a knowledge of self for our health
    To simply aid with our spiritual wealth
    As a mass, as a people, a nation
    Or one direction chosen, to end confusion
    Sip of the wine
    Or the brew of the mind let the past
    Just enhance, on your thoughts of advancement
    The slumber holds your mind in a grip
    Now let rip while your spirits dancing
    Or prancing or move in eh son
    One is conscious, the consciousness of one

       要約、覚えておいてほしい
       明言しているのは息の長い共存
       今はダメでも次に心に留めてくれ
       来年でも、次の言葉でも、次の韻でもい
       一番目の詩で考えを打ち明け始め
       今、パート3
       これからはみんなでまとめよう
       それぞれの知識を健康のために
       精神的な財産を救済するために
       集団として、民衆として、民族
       または混乱の終わりへ選ばれる方向
       ワインのひと口、または過去に流す心の混合
       前進的な考えを強調するだけ
       まどろみはオマエの心を掴んで離さない
       さあ、心を躍らせもぎ取れ
       または跳ねろ、みんな動き回れ
       ひとつは自覚、ひとつの自覚


    [関連記事]

    2019.05.11
    Main Source - Looking At The Front Door (歌詞+和訳)


    Bingo | Yesterday's Melody | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>