<< Elvis Presley - Mystery Train | main | Wink Songs ウィンクの曲 >>
Fishbone - Movement In The Light

0


    Fishbone - Movement In The Light

    Fishbone - CBS 465517 1



    昨日は「骨の日」ということで、魚の骨というバンド名の
    フィッシュボーンを聴きながらコーヒー・タイムにしました。

    いろんな要素の詰まったミクスチャー・ロックの
    先駆け的なバンドです。
    レッド・ホット・チリ・ペッパーズをもっと黒くした感じ・・・
    と言ったところでしょうか。

    個人的にははるかにフィッシュボーンの方が好きですけど
    ・・・って言うか、もう過去形の「好きでした」ですね。


    この曲は、当時のギター担当のケンダル・ジョーンズが作った
    ちょっとレゲエっぽい感じのとてもきれいなメロディの曲です。

    歌詞を読んでみたのは初めてでしたが、
    やっぱり社会的なメッセージ・ソングだったんですね。。。


    ちなみに、上の写真のレコードは、
    2ndアルバムがリリースされるころの1988年にリリースされた
    ヨーロッパ限定盤 (CBS 465517 1) で、
    1stアルバムと2ndアルバムの2枚のアルバム、
    そして、12インチEP1枚のからの良いとこ取りの
    お試し盤のようなアルバムです。

    このジャケットは、見る角度によって、中央の魚の骨のあたりに、
    食べる前の魚の絵が浮き出てきます。↓↓↓

    Fishbone - CBS 465517 1






    Fishbone - Movement In The Light 歌詞


    (Writer: Kendall Jones / 意訳: Bingo)


    There's a path for you and I to follow
    For our goals aren't always in our sight
    But now you've come to dread and fear tomorrow
    Were your dreams killed in your sleep last night?
    Fight for what is right...
    Pray for a movement in the light
    Fight for what is right...
    Pray for a movement in the light

       キミとボクのゴールへと続く道が
       いつも目に見えているとは限らない
       だけど、今、キミが向かっているのは不安と恐怖の未来
       キミの夢は昨夜眠っている間に殺されなかったかい?
       正しいことのための戦おう
       光の中にあるムーブメントに祈ろう

    Some are slaves to Rhyme, Wit and Reason
    Some are slave to all of what they hear
    To sing a different song is outright treason
    Is the price of freedom what they fear?
    This cannot be right...
    Pray for the movement in the light
    This cannot be right...
    Pray for the movement in the light

       道理に縛られるヤツもいれば
       聞きかじったことに縛られるヤツもいる
       別の歌を歌うことはあからさまな裏切り
       自由への代償は不安なのか?
       そんなこと正しいはずがない
       光の中にあるムーブメントに祈ろう

    Hey...Hey...There's a light to guide the way
    Hey...Hey...The light has brought another day

       行く手を導く光があるから
       光は新しい朝を運んでくれるから

    For you and I should ever come together
    Turn away the hatred in your heart
    For we should find a peace to last forever
    Find the peace no man can tear apart
    May all the world unite
    Pray for the movement in the light
    May all the world unite
    Pray for the movement in the light
    May all the world unite
    Pray for the movement in the light

       キミとボクはいつか一緒になれる
       心の中の中にある憎悪を追い払い
       永遠に続く平和を見つけるべき
       だれにも二つに裂くことができない平和を手に入れよう
       世界中が一つになるために
       光の中にあるムーブメントに祈ろう



    Fishbone - In Your Face

    Fishbone - In You Face (1986)



    1. When Problems Arise
    2. A Selection
    3. Cholly
    4. I Wish I Had A Date
    5. Movement In The Light
    6. Give It Up
    7. In The Air
    8. Turn The Other Way
    9. Knock It
    10. 'Simon Says' The Kingpin
    11. Post Cold War Politics



    [関連記事]

    2010.04.13
    Fishbone フィッシュボーン Part1
    2010.04.20
    Fishbone フィッシュボーン Part2
    2011.06.07
    Whipping Songs 鞭打ちの曲
      (Fishbone - Asswhippin' - Housework)

    2011.06.07
    Fishbone - Housework 歌詞・和訳
    2011.06.12
    Fishbone - Sunless Saturday 歌詞・和訳



    Bingo | Yesterday's Melody | 21:07 | comments(0) | trackbacks(3) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    Fishbone - Movement In The Light
    Bingoさんの投稿したなう 風呂上がり金麦タイムなう…かんぱ〜い!! Bingo d:-)10/8 2:23 #music 骨の日にちなんでフィッシュボーンを聴きながら コーヒー・タイム・・・Bingo d:-)10/8 15:48 風呂上がり…けど…また金麦が冷えてなかった…泣…Bingo d:-)10/8 21:07
    | Bingoのブロ具 | 2011/10/09 9:29 PM |
    Fishbone - Party At Ground Zero
    先週の水曜日と土曜日に 風邪で寝込んでしまいました。。。(汗 もう咳がひどくて、もう内臓が出ちゃいそうなくらいでした。 それでノドが痛くなってきて、 熱が上がり始めて、ダウンです。 ちょっと良くなってくると、 油断してまたダウンです。。。(涙
    | 南京豆売りの声がする | 2016/10/26 12:18 AM |
    Fishbone - Monkey Dick
    昨日の、シーブリーズ絡みで却下した曲が、、、 やっぱり気になったので、、、、 訳してみましたが、、、 あまりにもお下品で、、、 やっぱりやめようか、、、 どうしようか、、、 うーーーん、、、 うーーーーーーん、、、 うー
    | 南京豆売りの声がする | 2018/06/29 11:55 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>