<< America - You Can Do Magic | main | 昨日のラジコミ放送1分前 (2011.9.13) >>
Songs Of Law 掟ソング

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Songs Of Law 掟ソング +


    さて、今日は「世界の法の日」という
    なんだか小難しい感じの日ですが、それにちなみまして
    今週は「法=law が出てくる曲」を集めてみました。

       [世界の法の日]
       1965年9月13日から9月20日までアメリカ合衆国のワシントンで
       「法による世界平和第2回世界会議」が開催され、そこで、
       何人も正式な法律以外に支配されることはないという
       「法の支配」を国際間で徹底させることで世界平和を確立しようという
       宣言が採択されたことを記念したもの。(Wikipediaより)



    1. The Clash - I Fought The Law

    The Clash - I Fought The Law




    そんなところで、早速今、流れているこの1曲目は、
    日産エクストレイルのデビューを飾ったCMソングとして
    もうすっかりお馴染みでしょうか。。。
    クラッシュの「アイ・フォウト・ザ・ロウ」です。

    オリジナルは、バディ・ホリーのバンドのクリケッツです。

    飛行機事故で亡くなったバディ・ホリーですが、
    誕生日がついこの間、9月7日がそうだったんですよね。
    生きていれば75歳・・・って、飛行機事故で亡くなっていなくても
    そこまで長生きできていたかどうか分かりませんけどね。。。

    で、たまたまその日はバディ・ホリーと一緒に飛行機に
    乗らなかったことで難を逃れたクリケッツでしたが
    その事故の後に録音したのがこの曲でした。
    もし、あの事故が無かったら、バディ・ホリーが
    これを歌っていたかもしれないんですよね。。。

    その数年後、1966年にボビー・フラー・フォーのカバーが大ヒットし、
    さらにその後、1979年にこのクラッシュもカバーしました。

    オレは法と戦って、法が勝ったんだ・・・って、
    単純に言えばそれまでなんでしょうけど、
    たぶん大きな権力と戦う姿勢を
    歌っているんじゃないかと思っています。
    Punkだなぁ。。。
    歌詞+和訳

    The Crickets - I Fought The Law (1959)


    Bobby Fuller Four - I Fought The Law (1966)


    日産 X-Trail CM



    2. Marc Almond - Law Of The Night

    Marc Almond - The Idol (Part 1) The Idol (Part 1)




    次も背徳的な曲です。
    元ソフト・セル(Soft Cell) のマーク・アーモンドで
    1995年の「ロウ・オブ・ザ・ナイト」です。

       感情のおもむくまま愛のリズムに身を捧げろ
       ナイフをちらつかせろ、引き金を引け、さあ楽しむんだ
       これが夜の掟さ
       オレは夜の掟に身を捧げるぜ
       オレにラブ注入してくれ

    ・・・って感じの歌です。
    ま、歌詞にあんまり深い意味は無いと思います。。。


    [関連記事]
    2011.07.10
    Marc Almond - My Hand Over My Heart


    3. Loudness - The Law Of Devil's Land <魔界典章>

    Loudness - The Law Of Devils Land The Law Of Devil's Land <魔界典章>




    これも背徳って言うんでしょうかね。。。

    日本のヘヴィ・メタル・バンドのラウドネスで
    1983年にリリースされたアルバム、
    「ザ・ロウ・オブ・デビルズ・ランド<魔界典章>」のタイトル・トラックです。

    悪魔の申し子へと生まれ変わった者に、
    これからは悪魔の国の掟に従わなければならないっ!・・・って歌です。

    このアルバムは、ある意味、悪魔界のバイブルみたいなものでしょうか。
    悪魔のバイブルって言うと矛盾してますケド。。。


    4. Pat Benatar - The Outlaw Blues

    Pat Benatar - Tropico Tropico




    次はパット・ベネターで1984年の「アウトロー・ブルース」です。
    「outlaw=法の保護の外にいる者」で「無法者」って意味ですね。

    無法者というと西部劇のイメージでは、
    荒野に住み村などを襲撃する悪いヤツらですが、
    この歌の中では、無法者のレッテルを貼られながらも
    実はいいヤツなんじゃないの〜?
    みたいな陰のある男が主人公ではないでしょうか。


    5. The Temptations - Law Of The Land

    The Temptations - Masterpiece Masterpiece




    次は、モータウンですね。。。
    テンプテーションズで1973年の「ロウ・オブ・ザ・ランド」です。

    人生楽ありゃ苦もあるさ、涙のあとには・・・みたいな、
    聞き覚えがありそうな文句ですが、
    大〜雑把に言えば人生いろいろあら〜なと言ったところでしょうか。。。


    6. Ziggy Marley & The Melody Makers - Love Is The Only Law

    Ziggy Marley & The Melody Makers - One Bright Day One Bright Day




    次はレゲエでいきましょか。。。
    ボブ・マーリーの息子、ジギー・マーリーで
    1989年の「ラヴ・イズ・ジ・オンリー・ロウ」です。

       愛は従うべきのただ一つの法則なんだ
       お金なんかじゃ買えない
       愛を学ぶために生きているんだ
       愛し合うことだけが生きていくための掟

    ・・・って感じの歌です。
    親父が歌った「One Love」を継いだ感じがします。


    7. Tom Waits - Jockey Full Of Bourbon

    Tom Waits - Rain Dogs Rain Dogs


    Down By Law - Opening


    最後に、1986年のジム・ジャームッシュ監督の映画
    「ダウン・バイ・ロー」のオープニング・トラック、
    トム・ウェイツの「ジョッキー・フル・オブ・バーボン」です。

    刑務所でたまたま出会ったそれぞれ個性がバラバラの3人が
    協力し合って脱獄、刑務所の外には出られたのだが・・・な物語。

    「ふふっ」って感じのユルユル脱力系の笑いが
    なんとも不思議に引き込まれていく映画です。

    さて、この映画のタイトルは、刑務所の中で生まれたスラングで
    「信用できる仲間」を意味する言葉だそうで、
    もとは「法に下る」って意味でいいのかな・・・??

    んでもって、そこから転じて、
    「法や社会のルールに縛られず自由に生きられる人」となり、
    そこからまた、お互いに支えあう「頼れる兄弟のような間柄」を
    意味する言葉に変わっていったそうです。

    刑務所を出たあとの暮らしを「お互いに支え合っていこうぜ・・・」
    ってことなんでしょうね。。。


    てな、感じで今週は「法=law関連の曲」をパンク、ディスコ、ジャパメタ、
    アメリカン・ロック、モータウン、レゲエ、トム・ウェイツ。。。
    いろんな方面で7曲紹介しました。


    [関連記事]
    2010.03.23
    Weather Songs お天気ソング
      (Tom Waits - Strange Weather)

    2011.05.31
    Smoking Songs タバコの曲
      (Tom Waits - Downtown Train)

    2011.06.28
    Parfait Songs パフェ・ソング
      (Tom Waits - Ice Cream Man)





    1. The Clash - I Fought The Law
    2. Marc Almond - Law Of The Night
    3. Loudness - The Law Of Devil's Land <魔界典章>
    4. Pat Benatar - The Outlaw Blues
    5. The Temptations - Law Of The Land
    6. Ziggy Marley & The Melody Makers - Love Is The Only Law
    7. Tom Waits - Jockey Full Of Bourbon



    [オマケ]

    Judas Priest - Breaking The Law


    Gary Moore - The Law Of The Jungle



    Bingo | Radi-Comi 2011 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(6) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    The Clash - I Fought The Law
    Radio-Net Communication "ラジコミ" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Songs Of Law 掟ソング + 1. The Clash - I Fought The Law 2. Marc Almond - Law Of The Night 3. Loudness - The Law Of
    | 南京豆売りの声がする | 2011/09/14 2:25 PM |
    今日のオンエアー曲 (2011.9.13)
    1*Chicago - 長い夜 (25 Or 6 To 4) 2*The Clash - I Fought The Law 3*Marc Almond - Law Of The Night 4*Loudness - The Law Of Devil's Land 5*Pat Benatar - The Outlaw Blues 6*The Temptations - Law Of The Land 7*Ziggy Marley &
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2011/09/14 2:27 PM |
    昨日のラジコミ放送1分前 (2011.9.13)
    2011年9月13日 FMやまと ラジコミ生放送開始直前〜中〜後の様子。 Mixer Daddy-O Hayano Bingo (撮影: Bingo d:-) 1*Chicago - 長い夜 (25 Or 6 To 4)    (ピーター・セテラの誕生日にちなんで) 2*The Clash - I Fought The Law →歌詞+和訳
    | 南京豆売りの声がする | 2011/09/14 8:11 PM |
    昨日のラジコミ放送1分前 (2011.9.13)
    2011年9月13日 FMやまと ラジコミ生放送開始直前〜中〜後の様子。 Mixer Daddy-O Hayano Bingo (撮影: Bingo d:-) 放送終了後は、夏のカケラを探しに行きました。。。 "Radi-Comi" Live Broadcasting on Tuesday Nite 8p.m.!! 77
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2011/09/14 8:13 PM |
    昨日のラジコミ放送1分前 (2011.9.13)
    2011年9月13日 FMやまと ラジコミ生放送開始直前〜中〜後の様子。 Mixer Daddy-O Hayano Bingo (撮影: Bingo d:-) ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ FMやまと ラジオネット・コミュニケーション 1*Chicago -
    | Bingoのブロ具 | 2011/09/14 8:14 PM |
    Tom Waits - Jockey Full Of Bourbon
    先日、底に富士山が見えるグラスをいただいたんです。 でも、いつもの家呑み金麦を注ぐんじゃ ちょっとあんまりなので なかなか使う機会が無かったんです。 で、フォアローゼズを買ってきました。 たまにはバーボンも良いもんです。 バーボンの
    | 南京豆売りの声がする | 2018/04/24 11:08 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>