<< The Time - Jungle Love | main | The Dovells - Bristol Stomp >>
Fishbone - Sunless Saturday

0
    Fishbone - Sunless Saturday

    FIshbone - Sunless Saturday

    昨日、6月11日は「入梅の日」にあわせて「傘の日」だったそうですが
    やっぱり雨の土曜日はイヤなのでフィッシュボーンの
    「サンレス・サタデイ」を聴きながらコーヒー・タイムにしました。

    音楽業界も含め、いまだに残る黒人差別社会の中で
    いつになったら光るが見えるのか・・・
    というメッセージを込めた曲です。

    静かに始まって、静かに終わるパターンは好きです。
    今年の8月には来日予定らしいですね。




    Fishbone - Sunless Saturday Lyrics

    (Writer: Kendall Jones / 意訳: Bingo)


    I see the pestilence outside my window
    I see the dung heaps piled at least a mile high
    I see the shards of shattered dreams in the street
    I face the morning with my customary sigh

      窓の外には疫病が渦巻いているのが見える
      少なくとも1マイルも積もった山盛りの糞が見える
      通りには粉々に砕けた夢の破片が見える
      こうやっていつものため息で朝を迎えるのさ

    I hear the sounds of children laughing aloud
    A stumbling wino has attracted quite a crowd
    My breakfast finished now I brave the outside
    But clouds have hidden all the warmth inside

      子どもたちの大きな笑い声を聞き
      よろよろのアル中は人々の行くてをふさぎ
      朝メシが終わった今、外に向かって勇気を奮う
      だけど、雲がその熱い気持ちをかげらす

    Chase these clouds away
    I hate this sunless Saturday

      雲を追い払え
      オレは太陽の無い土曜日は嫌いだ

    Freedom come
    For us now
    Light our sky
    Burn away these clouds

      自由よ、今われわれの下へ
      空を照らし、雲を焼き払え

    Perhaps the charcoal grey and brown around me
    Is just the mirror image of tainted soul
    I think the sun will never visit my sky
    Until the truth is seen by each and every eye

      たぶんな、オレにまとわりつく
      チャコール・グレイとブラウンは鏡に映った魂の汚れか
      オレの空に太陽が現れることは決してないように思える
      真実がありとあらゆる目に映るまで

    I see the helpless and I see the insane
    I see a pauper singing in the pouring rain
    I see the means of help elude us again
    I think the sun will never visit me again

      無力が見える 狂気が見える
      どしゃ降りの中で貧民が歌っているのが見える
      また差し伸べる手が素通りしているのが見える
      またオレを太陽が照らすことは決してないように思える



    [関連記事]
    2010.04.13
    Fishbone フィッシュボーン Part1
    2010.04.20
    Fishbone フィッシュボーン Part2
    2011.06.07
    Whipping Songs 鞭打ちの曲
      (Fishbone - Asswhippin' - Housework)

    2011.06.07
    Fishbone - Housework 歌詞・和訳


    Fishbone - Reality Of My Sorroundings

    Fishbone - Reality Of My Sorroundings (1991)


    1. Fight The Youth
    2. If I Were A...I'd
    3. So Many Millions
    4. Asswhippin'
    5. Housework
    6. Deathmarch
    7. Behavior Control Technician
    8. If I Were A...I'd
    9. Pressure
    10. Junkies Prayer
    11. Pray To The Junkiemaker
    12. Everyday Sunshine
    13. If I Were A...I'd
    14. Naz-Tee May'en
    15. Babyhead
    16. If I Were A...I'd
    17. Those Days Are Gone
    18. Sunless Saturday




    Bingo | Yesterday's Melody | 10:12 | comments(0) | trackbacks(5) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    6月11日に投稿したなう
    Bingoさんの投稿したなう ヘッドフォンが壊れた…泣…今から買いに行く…Bingo d:-)6/11 14:02 急に晴れたっ!! Bingo d:-)6/11 14:47 ヘッドフォン買ってきたなう Bingo d:-)6/11 14:54 リストバンドのオマケ付きっ!! Bingo d:-)6/11 15:01 #music 今日は傘の日ら
    | Bingoのブロ具 | 2011/06/12 10:53 AM |
    Fishbone - Movement In The Light
    Fishbone - Movement In The Light 昨日は「骨の日」ということで、魚の骨というバンド名の フィッシュボーンを聴きながらコーヒー・タイムにしました。 いろんな要素の詰まったミクスチャー・ロックの 先駆け的なバンドです。 レッド・ホット・チリ・
    | 南京豆売りの声がする | 2011/10/09 9:25 PM |
    Fishbone - Movement In The Light
    Bingoさんの投稿したなう 風呂上がり金麦タイムなう…かんぱ〜い!! Bingo d:-)10/8 2:23 #music 骨の日にちなんでフィッシュボーンを聴きながら コーヒー・タイム・・・Bingo d:-)10/8 15:48 風呂上がり…けど…また金麦が冷えてなかった…泣…Bingo d:-)10/8 21:07
    | Bingoのブロ具 | 2011/10/09 9:29 PM |
    Fishbone - Party At Ground Zero
    先週の水曜日と土曜日に 風邪で寝込んでしまいました。。。(汗 もう咳がひどくて、もう内臓が出ちゃいそうなくらいでした。 それでノドが痛くなってきて、 熱が上がり始めて、ダウンです。 ちょっと良くなってくると、 油断してまたダウンです。。。(涙
    | 南京豆売りの声がする | 2016/10/26 12:18 AM |
    Fishbone - Monkey Dick
    昨日の、シーブリーズ絡みで却下した曲が、、、 やっぱり気になったので、、、、 訳してみましたが、、、 あまりにもお下品で、、、 やっぱりやめようか、、、 どうしようか、、、 うーーーん、、、 うーーーーーーん、、、 うー
    | 南京豆売りの声がする | 2018/06/29 11:55 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>