<< 辻村優美子さんの生うた | main | 昨日のラジコミ放送1分前 (2010.3.30) >>
Mafia & Gangster Songs マフィア・ソング

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Mafia & Gangster Songs マフィア・ソング +


    1. "Love Theme From The Godfather"

    The Godfather Original Soundtrack The Godfather OST




    今日は「マフィアの日」らしい。
    世界中のマフィアが集まって、名刺交換したり、親交を深めたりする
    大きなイベントがどこかで密かに催されている・・・

    なぁんてことは無いと思うけど・・・
    何でこの日がそうかと言うと、その昔、
    当時フランスの占領下だったイタリアのシチリア島でのこと、
    ディテールは諸説あるみたいだけれど、要約すると、
    地元の女性がフランス兵に暴行を受け、それに怒った住民たちが
    フランス兵たちを殺害した「シチリアの晩鐘事件」が起こったのが
    728年前の今日、1282年3月30日。

    その時の合言葉が「フランス人を殺〜せ、これ〜がイタリア人の叫〜び」。
    このイタリア語「Morte alla Francia, Italia anela!」の頭文字をとって
    「Mafia」という言葉が生まれ、いつしか、
    シチリア出身の結束の固い犯罪組織の代名詞となっていったワケ。
    ちなみにシチリア・マフィアは自分たちの事を
    「マフィア」とは言わず「我々のもの」という意味の
    コーザ・ノストラ(La Cosa Nostra) と呼ぶそう。

    と言うことで、マフィア関連の曲を特集・・・なんだけれど、
    すでに流れている1曲目は、もうおなじみ、マフィア映画の代名詞
    寂しく切ない雰囲気の名曲、1972年の「ゴッドファーザー愛のテーマ」。
    マンドリンの音色がこれまた切ない。。。

    誰もが知っているような曲だから、
    さぞかし賞を獲っているだろうと思ったら
    意外にも盗作疑惑が・・・で、ノミネートから外されている。
    それでも、2年後の1974年の「PartII」の時に
    アカデミー作曲賞を受賞していて
    これも映画界のゴッドファーザー的な存在感を見せつけたのか。。。

      Fortunella
      


    2. The Rolling Stones "Gimme Shelter"

    The Rolling Stones - Let It Bleed Let It Bleed




    次もマフィア映画から。
    マフィア映画と言ったら、イタリアのシチリア系移民の家に生まれた
    マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese) もその代表的な監督。
    1973年の「ミーン・ストリート(Mean Streets)」で評価され、
    同時にロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro) も演技力が買われ
    「ゴッド・ファーザーPartII」の出演の足がかりに。

    この監督はのちにローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画
    「シャイン・ア・ライト(Shine A Light)」(2008) を撮ったくらいの
    ロック好きで映画にもそれが反映している。

    特にローリング・ストーンズは、
    「ミーン・ストリート(Mean Streets)」で2曲、
      "Jumpin' Jack Flash"
      "Tell Me"
    1990年の「グッドフェローズ(Goodfellas)」では3曲、
      "Gimme Shelter"
      "Monkey Man"
      "Memo from Turner"
    1995年の「カジノ(Casino)」では6曲、
      "Long Long While"
      "Heart of Stone"
      "(I Can't Get No) Satisfaction"
      "Sweet Virginia"
      "Can't You Hear Me Knocking"
      "Gimme Shelter"
    そして2006年の「ディパーテッド(The Departed)」では2曲、
      "Gimme Shelter"
      "Let It Loose"
    と、何度も使われている・・・
    んだけど、なぜかほとんどの曲がサウンドトラックには未収録。

    そんな中、この「ギミー・シェルター」は、
    「グッドフェローズ」と「カジノ」、
    そして「ディパーテッド」のマフィア映画3作品に使われている。
    けど、サウンドトラックにはやっぱり未収録。
    ま、ストーンズのアルバムを買いなさいって事かぁ?

      Mean Streets - Trailer (1973)
      

      Goodfellas - Trailer (1990)
      

      Casino - Trailer (1995)
      

      The Departed - Trailer (2006)
      


    3. Prince Buster "Al Capone"

    Prince Buster - It's Burke's Law It's Burke's Law




    次はアメリカの禁酒法時代のシカゴの暗黒街を牛耳っていたアル・カポネ。
    イタリア系移民の子でも親の出身はナポリだったため
    マフィアの本流には入れなかったけれど、
    当時のシカゴの裏市長と言われたり、タイム誌の表紙を飾ったり、
    カポネをモデルにした映画やテレビ・ドラマも数多く作られた
    歴史上で最も有名なボス。

      The Untouchables - Trailer (1987)
      

    曲はプリンス・バスターの1965年の「アル・カポーン」。
    英語の発音は「カポーン」に近いのね。
    車のブレーキ音やマシンガンの銃声のSEがカッコイイ。


    4. The Special A.K.A. "Gangsters"

    The Special AKA - Gangsters Gangsters




    インストゥルメンタルの「アル・カポーン」に歌詞付きでカバーしたのが、
    スペシャルズ(The Specials) に改名前のスペシャルAKAの
    1979年の1stシングル「ギャングスターズ」。

    この曲から新しいスカ(SKA) の形の2Tone の歴史が始まるワケだけど、
    彼らのルックスもイタリアン・マフィアっぽい雰囲気。

    「ギャングスター」や「ギャング」の意味は
    元々は集団や群れを表していたものが
    禁酒法時代の頃から暴力的犯罪者集団を
    特に「ギャング」と呼ぶようになったそう。


    5. The Little Rascals (Good Old Days)

    Television's Greatest Hits Vol.1 Television's Greatest Hits Vol.1




    次はそんな元々のギャングの意味で使われていたものの一つで、
    戦前、まだテレビが普及する前の時代、映画館で本編前に上映されていた
    白黒の短編ストーリー「アワー・ギャング(Our Gang)」。
    ストーリーは子どもたちの日常の中のいたずらだったり、
    ちょっとした冒険のような可愛らしいコメディ。
    のちに「リトル・ラスカルズ」とタイトルが変わってTVシリーズ化。
    日本でも「ちびっこギャング」という邦題で人気を得ていく。


    6. Peanuts Theme (Linus And Lucy)

    Peanuts Theme Peanuts




    同じようにこれも同じ使い方の「ピーナッツ」。
    スヌーピー(Snoopy) の飼い主の
    チャーリー・ブラウン(Charlie Brown) やその周辺の仲間を
    ピーナッツ・ギャング(The Peanuts Gang) と表現している。


    7. Frank Sinatra "From Here To Eternity"

    Frank Sinatra - From Here To Eternity From Here To Eternity




    最後にマフィアと太いパイプを持っていたとされる
    イタリア系のフランク・シナトラの曲で、
    1953年の映画「From Here To Eternity 地上(ここ)より永遠に」と
    同じタイトルの「フローム・ヒア・トゥ・エタニティ」。

    当時、スランプに陥っていたフランク・シナトラは、
    この映画の脇役を得るためにパイプを使った。
    というエピソードは映画「ゴッドファーザー」の中でも描かれている。

    結果、この脇役が当たり、アカデミー助演男優賞を受賞、
    見放されていたMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー) から
    キャピトルに移籍しカムバックを遂げている。


    1. "Love Theme From The Godfather"
    2. The Rolling Stones "Gimme Shelter"
    3. Prince Buster "Al Capone"
    4. The Special A.K.A. "Gangsters"
    5. "The Little Rascals (Good Old Days)"
    6. "Peanuts Theme (Linus And Lucy)"
    7. Frank Sinatra "From Here To Eternity"

    Bingo | Radi-Comi 2010 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(4) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    今日のオンエアー曲 (2010.3.30)
    1*Eric Clapton - Change The World 2*Love Theme From The Godfather 3*The Rolling Stones - Gimme Shelter 4*Prince Buster - Al Capone 5*The Special A.K.A. - Gangsters 6*The Little Rascals Theme 7*Peanuts Theme (Linus And Lucy)
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2010/03/31 9:17 AM |
    昨日の放送1分前 (2010.3.30)
    2010年3月30日 FMやまと ラジコミ放送開始1分前のスタジオ内の雰囲気。 きたおかまおサン、 Yahman、 Hayanoチャン、 Mixer Daddy-O、 Sunnyside Dude Cary、 Bingo  (撮影: Bingo d:-) 昨日は夕映えサンセット火曜日担当のきたおかまおサンの 2度
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2010/03/31 5:09 PM |
    昨日のラジコミ放送1分前 (2010.3.30)
    2010年3月30日 FMやまと ラジコミ放送開始1分前のスタジオ内の雰囲気。 きたおかまおサン、 Yahman、 Hayanoチャン、 Mixer Daddy-O、 Sunnyside Dude Cary、 Bingo  (撮影: Bingo d:-) 昨日は夕映えサンセット火曜日担当のきたおかまおサンの 2度
    | 南京豆売りの声がする | 2010/03/31 5:10 PM |
    ラジコミ放送前・中・後の雰囲気 (2010.3.30)
    いつもは1分前しか見せられなかったけど ラジコミ放送放送前・中・後の動画や写真を一挙公開。 [Part3] 2010年3月30日 生放送前でなんだかバタバタ感じ。 この日は夕映えサンセット 火曜日担当の きたおかまおサンが2度目のゲスト出演。 登場順に、Choc
    | 南京豆売りの声がする | 2010/04/05 1:25 AM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>