<< ページ別ランキング (2010.2.1-2.15) | main | 昨日のラジコミ放送1分前 (2010.2.16) >>
Carole King キャロル・キング

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Carole King キャロル・キング +


    今週は先週のアルドン・ミュージック(Aldon Music) の続きで
    先週の火曜日に68回目の誕生日(1942年2月9日〜) を迎えた
    アメリカの女性シンガー・ソング・ライター、キャロル・キング特集。




    1942年、ニューヨーク・ブルックリン生まれ。
    幼い頃からピアノを弾き始め、高校生の頃には
    上級生だったニール・セダカ(Neil Sedaka) が在籍していた
    Doo-Wop グループのトーケンズ(The Tokens) に憧れて
    4人組のコーラス・グループのコサインズ(The Co-Sines) を結成している。

      日本のハード・ロック・バンドのアクション(Action) が
      学ラン姿でやっていたのは変名バンドは因数分解(笑)

    そんな2人は恋人同士になって
    すでにプロとして音楽活動をしていていたニール・セダカに
    作曲を教えてもらっている。


    1. Neil Sedaka "Oh! Carol"

    Neil Sedaka - Oh! Carol Oh! Carol


    そのニール・セダカの1959年のヒット曲「オー・キャロル」は、
    かつての恋人のキャロル・キングに宛てた曲というのは有名。

      君に夢中さ・・・
      行かないでおくれ・・・
      君がいないと僕はきっと死んでしまう・・・

    というメッセージ・ソング。


    2. Carole King "Oh, Neil"

    Carole King - Oh, Neil Oh, Neil


    そのニール・セダカのメッセージに対して、
    キャロル・キングが歌ったアンサー・ソングがこれ「オー・ニール」。
    メロディはそのままで歌詞だけを書き換えて歌っている。

    どう返事していたかと言うと・・・

      長い間あなたのことを愛してたわ
      あなたが私を歌にしてくれるなんて夢にも思わなかった
      あなたと出会った時、鼓動は弾み、ハートは重く・・・

    とかなんとか言っておきながら、後半には・・・

      おじいちゃんはあなたのレコードが好きじゃないの・・・
      もし、あなたのレコードをかけたらきっと私は死んでしまう・・・
      あっ、おじいちゃんがショットガンを持ってきた・・・

    と、ショットガンの銃声がして、おじいちゃんの声が最後に響く。

      お嬢ちゃん、畜生ニール・セダカのレコードを
      かけちゃいけないと言っただろ?

    と、予想外に怖〜い内容になっている。

    そんなお茶目(?) なところもあるキャロル・キングは
    人との出会いにとても恵まれている。
    ニール・セダカに作曲のノウハウを教えてもらった事を始め、
    大学在学中のポール・サイモン(Paul Simon) と
    ジェリー・ゴフィン(Gerry Goffin) との出会いは
    その後の人生を決定付けていく。

    すでにトム・アンド・ジェリー(Tom And Jerry) として
    音楽活動を始めていたポール・サイモンには
    デモ・テープの作り方を教えてもらい、
    そしてなんと言ってもジェリー・ゴフィンとは
    ソング・ライターのチーム・タッグを組み
    18歳で結婚もして公私共にパートナーとして活動を始める。


    3. The Shirelles "Will You Love Me Tomorrow"

    The Shirelles - Will You Love Me Tomorrow Will You Love Me Tomorrow


    その一方でシンガー・ソング・ライターとしてソロでデビューするが
    ヒットすることが無く、まだ無名に近い状態。

    そんな2人を一躍有名にしたのが、
    黒人の女の子のグループのシレルズ(The Shirelles)
    1960年に歌った「ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー」。
    当初、シレルズは田舎っぽいと歌うことに抵抗があったこの曲も
    流れるようなストリングスを加えて録音、リリースされれば翌年1月に
    ビルボード(Billboard) Hot 100 1位に達する大ヒットとなる。

    このヒットはゴフィン&キングにとって大出世作になり、
    そしてシレルズにとっても、と言うよりも、
    黒人ガール・グループにとって初の1位で、
    このあとに続くガール・グループやガールズ・ポップのブームにも
    先駆けとして大きく影響を与えていく。


    4. Bobby Vee "Take Good Care Of My Baby"

    Bobby Vee - Take Good Care Of My Baby Take Good Care Of My Baby


    勢いに乗った2人の続いてのヒット曲はボビー・ヴィーが歌う
    1961年の「テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー」。
    この曲もリリース後あっという間にビルボード Hot 100 1位に。


    5. Little Eva "The Loco-Motion"

    Little Eva - The Loco-Motion The Loco-Motion


    その後も次々にヒットを連発する中、ニール・セダカを通して
    それまでローカル・ヒットのみだった黒人の女の子3人組の
    クッキーズ(The Cookies) と出会う。

    その頃、ゴフィンとキングの夫妻はアルドン・ミュージックと契約し
    ベビー・シッターが必要だった頃で、
    クッキーズのリード・シンガーのエセル(Earl-Jean) が
    2人に紹介した親戚の女の子はのちのリトル・エヴァ(Little Eva)。

    子どもをあやす時に歌った歌声の良さに気が付いたキャロルは、
    エヴァに「ロコモーション」をクッキーズをバックに録音させる。
    1962年6月にリリースされ8月にはこの曲がビルボード Hot 100 1位となり
    夫妻がアルドン・ミュージックと契約してから初めてのヒットとなる。
    そしてこの曲からは新しいダンスも生まれていたりもする。

    ちなみにこの曲は、12年後の1974年、
    グランド・ファンク(Grand Funk) にカバーされ同じく1位を記録している。
    このグランド・ファンクのバージョンは最近SMAP が出演していた
    携帯電話のCMに使われたから誰も良く知っている曲じゃないかな。

    そして、さらに13年後の1987年、カイリー・ミノーグの
    カバー・バージョンが3位になっている。

    一つの曲で違う2組のアーティストによって
    1位になった曲は今までにたった9曲しかないらしい。
    もしカイリー・ミノーグのカバー・バージョンが1位を取っていたら
    史上初の3組違うアーティストによる1位の曲になっていたかも・・・
    と思うとホント惜しい。。。

      Grand Funk "The Loco-Motion" in Softbank CM
      

      Kylie Minogue "The Loco-Motion"
      


    6. The Cookies "Chains"

    The Cookies - Chains Chains


    リトル・エヴァのバックを務めたクッキーズも
    ヒット・チャートに顔を出すのは時間の問題と言ったところか。
    新曲「チェインズ」をもらって、リトル・エヴァの2曲目、3曲目の
    シングルのランキングを追い越していく。


    7. Maxine Brown "Oh No Not My Baby"

    Maxine Brown - Oh No Not My Baby Oh No Not My Baby


    その後もヒットを量産していったゴフィン&キングだけれど、
    この1964年のマキシン・ブラウンの
    「オー・ノー・ノット・マイ・ベイビー」辺りから
    少しずつ勢いに陰りを見せ始めていく。
    と、言うのも、ビートルズ(The Beatles) のアメリカ進出が始まると、
    求められる音楽も変わり、そして、
    アーティストたち自身で作った曲が売れるようになり、
    その煽りを受けて職業ソング・ライターの仕事は減っていく。
    それと同時にガールズ・ポップのブームの火も消えていってしまう。

    やがて2人はチームを解消し、離婚もしてしまう。
    キャロルはソロのシンガー・ソング・ライターに転身。
    1971年の2ndアルバム「つづれおり(Tapestry)」は
    アルバム・チャート1位を15週間独占。
    そのあとも302週連続(約6年間) トップ100位以内に
    とどまる驚異的な快挙を成し遂げている。

      Carole King "It's Too Late"
      


    他にもキャロルの秘蔵っ子クッキーズにいっぱい良い曲提供しているし
    シフォンズの「ワン・ファイン・デー」も良いし、
    アレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」も捨てられないし。。。

    もう、いっぱい良い曲があるんだけれど、
    ましてやソロになってからの曲までは
    時間の都合上、全然手が回らないから残念だけど
    もし機会があればまたその時に。。。
    ってことで、ブログの方にだけ↓

      The Chiffons "One Fine Day"
      

      Aretha Franklin "(You Make Me Feel Like) A Natural Woman"
      

      Beverly Warren "Let Me Get Close To You"
      


    キャロル・キングとジェイムズ・テイラーが今年4月に来日予定。
    もう68歳だから、もしかしてこれが最後の来日になったりして。。。

    [Carole King & James Taylor - Troubadour Reunion]

    2010年4月14日(水) 日本武道館 19:00より
    2010年4月16日(金) 日本武道館 19:00より

    S席:¥15,000
    A席:¥13,000
    B席:¥11,000
    C席:¥ 9,000(座席指定/税込)

    お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999


    1. Neil Sedaka "Oh! Carol"
    2. Carole King "Oh, Neil"
    3. The Shirelles "Will You Love Me Tomorrow"
    4. Bobby Vee "Take Good Care Of My Baby"
    5. Little Eva "The Loco-Motion"
    6. The Cookies "Chains"
    7. Maxine Brown "Oh No Not My Baby"

    Bingo | Radi-Comi 2010 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(6) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    今日のオンエアー曲 (2010.2.16)
    1*Ice-T - Reckless 2*Neil Sedaka - Oh! Carol 3*Carole King - Oh, Neil 4*The Shirelles - Will You Love Me Tomorrow 5*Bobby Vee - Take Good Care Of My Baby 6*Little Eva - The Loco-Motion 7*The Cookies - Chains 8*Maxine Brown
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2010/02/16 10:25 PM |
    昨日のラジコミ放送1分前 (2010.2.16)
    2010年2月16日 FMやまと ラジコミ放送開始1分前のスタジオ内の雰囲気。 リリーフMixer Ma2、 ガンタ壮平、 Chie、 Chocola、 Bingo (撮影: Bingo d:-)
    | 南京豆売りの声がする | 2010/02/17 11:01 PM |
    昨日の放送1分前 (2010.2.16)
    2010年2月16日 FMやまと ラジコミ放送開始1分前のスタジオ内の雰囲気。 リリーフMixer Ma2、 ガンタ壮平、 Chie、 Chocola、 Bingo (撮影: Bingo d:-)
    | FMやまと ラジコミ ブログ | 2010/02/17 11:02 PM |
    Weather Songs 天気ソング
    Radio-Net Communication \"ラジコミ\" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Weather Songs 天気ソング + 今日は「世界気象デー」という国際デーのひとつらしい。 ちょうど60年前の今日、1950年3月2
    | 南京豆売りの声がする | 2010/03/24 4:04 AM |
    The Chiffons - One Fine Day
    昨日、娘のお迎えで待っている時に 車の中で流れていたのは、 シフォンズの1963年の夏のヒット曲、 「ワン・ファイン・デイ」でした。 で、ついうっかりと横のまま撮っていました。。。 The Chiffons - One Fine Day 歌詞 (Writers: Carole
    | 南京豆売りの声がする | 2012/11/20 11:12 PM |
    Carole King - It Might As Well Rain Until September
    夕方からボクの住む辺りも、 雨がポツポツと降り始めました。 天気予報では明日は雨です。 このまま梅雨入りとなるのでしょうか。 人に会うと、あいさつの後に 「もう梅雨入りですかね・・・」と続きます。 そんなところで、雨がずっと続く曲を選んで
    | 南京豆売りの声がする | 2017/06/07 11:14 PM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>