<< Fujiyama Mama | main | New Stuff! 入荷情報 >>
Mungo Jerry マンゴ・ジェリー

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜7時〜1時間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + Mungo Jerry マンゴ・ジェリー +


    今年の2回目の放送からずっとUKばっかりなんだけど
    今週も引き続きUKアーティスト。

    明日の3月21日は春分の日はレイ・ドーセット(Ray Dorset) の誕生日。
    ・・・と言っても、ほとんどのリスナーさんの頭の中には
    「?」マークがいっぱいだと思うんだけど。。。

    2年前のジュースのトロピカーナ(Tropicana) のTVCM覚えてるかなぁ。。。

    ♪ In the Summertime, when the wether is high ♪


    2005年4月1日から夏にかけて放映されていたCMの中で
    この曲を歌っているのが
    レイ・ドーセットが率いるスキッフル・バンド、
    マンゴ・ジェリー(Mungo Jerry)。

    スキッフル(skiffle) というのは、アメリカのジャグ(Jug) を英国風に
    フォークやトラディショナルで味付けした音楽。

    って、ジャグを先に説明しないとだね。
    ジャグは取っ手付きのビン(水差し) のことで、
    このビンの口に向けて唇をブーブー震わせて音を共鳴させる。
    そして、この音をベースの代わりにしたり、
    アクセントにしたりすることからこう呼ばれている。
    もとは陶器製のものを使っていたらしい。

    このビンのように、身の回りにある日用品を楽器として使うジャグ。
    他にも、洗濯用のたらいや洗濯板なども楽器に使われる。

    ややもすると3枚目のボードビリアンとか変わり者とか
    少しお間抜けになりかねないギリギリさがあるけれど、
    1900年頃からある歴史のあるジャンル。


    そんなマンゴ・ジェリーは、1960年代後半に活躍していた
    The Good Earthのメンバーだったレイ・ドーセットと
    コリン・アール(Colin Earl) 、そして他に2人をリクルートして結成。
    1970年5月にシングル「イン・ザ・サマータイム」でデビュー。

      ♪ 夏だぜぇ
      ♪ 空は高いしぃ
      ♪ ギャルを見つけに行こうぜぇ
      ♪ 飲んで歌って、楽しく行こうぜぇ

    ・・・みたいな脳天気ソング。

    リリースした翌月の6月からチャートの1位を7週間キープ。
    日本でも最高3位を記録。
    日本では一発屋と思われがちだけど、
    本国では何曲もチャートインしている人気バンド。


    で、レイ・ドーセットの風貌がスゴイ。
    アフロ・ヘアーって言うか、クリンクリンのパーマ・ヘアーで
    隙っ歯、そして何と言ってもモミアゲ。。。
    どう説明してよいのか・・・モミアゲとヒゲを一度モサっと伸ばして
    口の幅で口の下だけ剃った感じと言えば良いのかなぁ?
    とにかく、口の脇までモミアゲが来ていて
    蜂の巣(?) と思えるくらいモコ〜っと膨らんだ立派なモミアゲ。

    Mungo Jerry's Ray Dorset

    ちなみに、このバンドのベーシストの
    マイク・コール(Mike Cole) は昨日が誕生日(1943年3月19日)。


    [曲] Mungo Jerry "In The Summertime"

    Mungo Jerry - In The Summertime In The Summertime




    さてさて、曲なんだけど、やっぱりこれが聴きたい
    「イン・ザ・サマータイム」。

    曲の中でブ〜ブ〜と聞こえてくるのがジャグの音。
    この曲ではドラムは無し。
    ノ〜ンビリとした空気感というか
    悩みが無さそうな雰囲気がなんとも印象的なこの曲。
    聞いているだけでなんかハッピーになれそうな気がする。

    この曲、1995年にはシャギーがレゲエ・バージョンでカバー。

    Shaggy "In The Summertime"


    そして、面白いところで、オーストラリアのグループの
    ザ・ミクスチャーズ(The Mixtures) というグループが
    1970年にカバーして、オーストラリア国内で1位になっている。
    で、このグループは翌1971年に、そ〜っくりな、
    もうこれパクリ(?) みたいな
    「恋のサイクリング(The Pushbike Song)」という曲をリリース。
    このそっくりソングはイギリスでも大ヒットしている。

    The Mixtures "The Pushbike Song"

    Bingo | Radi-Comi 2007 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>