<< 湘南・江ノ島 手づくりボートレース Pt3 | main | 昨日のラジコミ放送1分前 (2009.7.14) >>
DEVO ディーヴォ

0
    Radicomi
    Radio-Net Communication "ラジコミ"
    77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送


    BINGOのギリギリSTRIKE!!!
    + DEVO ディーヴォ +


    今日はアメリカのキッズ・チャンネル「ニコロデオン」の代表的番組、
    「スポンジボブ・スクエアパンツ」の主人公の誕生日。
    ほかにもアメリカのニュー・ウェーブ・バンドDEVOのメンバー、
    ボブ2号も誕生日。

    どっちのボブにしようかと思ったけど、
    DEVOには二人のボブがいるので多数決で
    DEVOの勝ちってことでいいですか?
    ヘンテコさでは勝負がつかないかも。。。


    DEVOって知ってます?
    黄色いジャンプ・スーツにエナジー・ドームと呼ばれる
    赤いプラスティックの段々帽子をかぶった5人組。

    DEVOはカルト的なバンドにもかかわらず、
    影響を受けたアーティストは数知れない。
    日本ではポリシックス(Polysics) がディーヴォの影響がモロ。


    1970年代はじめころ、大学で出会ったマークとジェリーが中心になって
    自主映画のサウンドトラック制作のために結成したのがのちのDEVOに。
    DEVOは音楽だけでなく、ビジュアル的なもの、パフォーマンス的なもの
    アヴァンギャルドでポップ・・・
    全てひっくるめてがDEVOなんじゃないかと。
    だから映像で見せたいんだけど、でもラジオだからね〜。


    1. DEVO "Jocko Homo"



    "Jocko Homo" Original Version


    "Jocko Homo" 1977 Booji Boy Version


    "Jocko Homo" 1978 Q: Are We Not Men? A: We Are DEVO! Version


    まず1曲目はメジャー・デビュー前、
    自主レーベルのブージー・ボーイ(Booji Boy) から
    1977年にリリースしたシングル「モンゴロイド(Mongoloid)」のB面、
    DEVOアンセム=賛歌「ジョッコ・ホモ」。

    「DEVO」とは「De-Evolution(退化の造語)」の略。
    「Jocko Homo」は「類人猿」ってところ?
    「人間退化論」がDEVOのバックボーン・テーマ。

    ♪We are DEVO♪


    2. DEVO "Fountain Of Filth"



    一応、今日の主人公(?) ボブ2号の数少ないライティングの曲
    「ファウンテン・オブ・フィルス」。
    DEVOにはボブ1号とボブ2号がいて、
    中心人物のマイクとジェリーのそれぞれの弟たち。
    これもメジャー・デビュー前の音源から。
    邦題は「ここに泉あり(ゴミの泉)」。


    3. DEVO "Be Stiff"





    イギリスのスティッフ・レコード(Stiff Records)から
    1978年にリリースされたシングル「ビー・スティッフ」。
    「硬くなれ」っていう歌。それ以上は言えないよな。。。


    4. DEVO "(I Can't Get No) Satisfaction"

    Q: Are We Not Men? A: We Are Devo! Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!






    ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones) の名曲
    「サティスファクション」のカバー。
    1978年のメジャー・デビュー、1stアルバムから。
    スカスカな「サティスファクション」だけど
    やってみると意外と難しいらしい。
    すっかりオリジナルの曲みたいになっていると思う。


    5. DEVO "Girl U Want"

    Freedom of Choice Freedom of Choice




    1980年リリースの「ガール・ユー・ワント」。
    ナック(The Knack) の「マイ・シャローナ(My Sharona)」を
    基にしていると言われる。
    と言われるとそんな気がしてくる。。。

    The Knack "My Sharona"



    6. DEVO "Whip It"

    Freedom of Choice Freedom of Choice




    同じく1980年リリースの「ウィップ・イット」。
    ゴールド・ディスク獲得、セールス的に一番売れた曲。
    プロモーション・ビデオもバカらしくて面白い。


    7. DEVO "Freedom Of Choice"

    Freedom of Choice Freedom of Choice




    これも1980年リリースの「フリーダム・オブ・チョイス」。


    8. DEVO "That's Good"

    Oh, No! It's Devo Oh, No! It's Devo




    最後の曲になっちゃいました。。。1983年リリース「ザッツ・グッド」。

    テクノ・ポップとして語られることの多いDEVOだけど
    通して聴いてみるとノイジーなものからポップなものまであって
    エレクトロニクスを使っただけのパンクって感じだと思うんだけどな。
    ひょうきんなインテリというか、人を食ったようなというか、
    で、存在がカルチャーとしてのテクノ・ポップなんじゃないかと。


    1990年に一旦ほとんど活動休止状態に入ったけれど、
    今年4月には2年振りのシングル「Don't Shoot (I'm A Man)」をリリース、
    ライブ活動もチョコチョコしてるし、
    そして今年の秋には19年振りに9枚目のアルバム
    「Fresh (仮)」をリリースする予定。

    と言っても、ニュー・アルバムのリリースは
    年を越してからになりそうという噂。

    DEVO "Don't Shoot (I'm A Man)"



    1. DEVO "Jocko Homo"
    2. DEVO "Fountain Of Filth"
    3. DEVO "Be Stiff"
    4. DEVO "(I Can't Get No) Satisfaction"
    5. DEVO "Girl U Want"
    6. DEVO "Whip It"
    7. DEVO "Freedom Of Choice"
    8. DEVO "That's Good"

    Bingo | Radi-Comi 2009 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(1) | top▲
    - -
    Comments コメント
    Post A Comment コメントを送る









    Trackbacks トラックバック
    ■ Trackback URL この記事のトラックバックURL
    DEVO - Whip It
    Radio-Net Communication "ラジコミ" 77.7MHz FMやまと 毎週火曜日 夜8時〜45分間生放送 BINGOのギリギリSTRIKE!!! + Whipping Songs 鞭打ちの曲 + 1. Frankie Laine - Rawhide 2. Ennio Morricone - A Fistful Of Dollars 3. The Frantics -
    | 南京豆売りの声がする | 2011/06/09 9:19 AM |
    The Peanut Vender Weblog

    南京豆売りの声がする

    Let's Have a Peanut!!!
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>