The Hillbilly Moon Explosion - My Love For Evermore

0


    The Hillbilly Moon Explosion - My Love For Evermore


    いつの間にか8月が終わって、
    気付けば9月ももうすぐ終わりです。

    最近、暗くなるのが急に早くなりました。
    気が付くとすっかり夜になっています。

    暗くなって、ぼんやり空を眺めるのですが、
    このところ月が雲の隙間に見え隠ればかりして
    きれいな月を見ることがありません。

    9月になってから、きれいな月を
    何回見ることができたんだろう。


    この曲、とても切ないメロディですごく好きなんです。

    歌詞を拾って見てみたらなんとも刹那的でした。
    どうせ落ちるなら落ちるところまで落ちてしまえみたいな
    破滅に向かってしまう映画的な人生もアリかな、なんて。

    夜空に愛を誓った男と女が
    人を殺めてお金を手に入れます。

    少しばかり贅沢をして一夜を過ごして
    家に帰ると愛した女に男が殺されてしまいます。

    もしかすると、女は愛を誓ったふりをしていたことを
    決して若くはない男は気付いていたのかもしれません。

    行き場の無い愛を持て余しながら誰かに追われ、
    どうせいつか死ぬ時が来るのなら、
    いっそ愛した女の手にかかってやろうと
    そう思ったのかもしれません。

    愛した女に殺されて、女の心に残るならそれも本望、
    究極の愛の形のひとつかもしれません。






    The Hillbilly Moon Explosion
    Featuring 'Sparky' Phillips From Demented Are Go
    - My Love For Evermore 歌詞




    Writters: Oliver Baroni, Stephen Thomas
    意訳: Bingo



    I'd like to pack this in
    And take you to the stars
    We'll eat at fancy restaurants
    And drive in fancy cars
    We tried our luck, we made a buck
    So lean back have some fun


    Oh yes my love, but first just this last one

       ♂
       荷物を詰めて
       オマエを星空の下に連れて行ってやろう
       豪華なレストランに
       派手な車で乗りつけて食事をしよう
       運試しをしてある程度の金は手に入れた
       ふんぞり返って楽しもう
       ♀
       (ああ、愛する人よ、これが最初で最後)

    ♂♀
    We stood on a cliff in a starless night
    I held your hand in my mine...
    So stand by me with all your heart,
    I need you by my side

       ♂♀
       二人、星の無い夜空に崖に立ち
       オマエの手をこの手に取る
       だからそばにいてくれ身も心も
       オレにはオマエが必要なんだ


    Over the river is cold and black
    And the bottom is a long way down

    Another one, going underground...

    Why can't we cut the ropes
    And let that poor fool go...

    Don't you go getting weak on me
    Not when I need you so

       ♂
       川を越えるには冷たく暗い
       潜ればどこまでも深い
       ♀
       言い換えれば、地中に潜るようなもの
       ♂
       なぜ吐き出すこともしないで
       愚かな道を選んだのか
       ♀
       私に弱みを見せないで
       アンタを必要としている時じゃない


    Don't lose your step, now we're almost there
    Go wash Your face, and comb your hair
    So trust me now, believe in me
    Forever more your love, you have pledged to me

       ♀
       踏み外さないで、もうすぐそこだから
       顔を洗っておいで、髪を梳かしてあげる
       さあ、私に任せて、私を信じて
       オマエの愛は永遠とアンタは私に誓ったわ

    ♂♀
    We stood on a cliff in a starless night
    I held your hand in my mine...
    So stand by me with all your heart,
    I need you by my side

       ♂♀
       二人、星の無い夜空に崖に立ち
       オマエの手をこの手に取る
       だからそばにいてくれ身も心も
       オレにはオマエが必要なんだ


    We'll stay at home and call this day our own
    Listen to a record and watch a candle burn
    I'm feeling kind of drowsy
    There's blood on the floor
    And when I'm gone you still will have my love forevermore

       宿に辿り着けば今日は二人のものになる
       レコードを聴き、キャンドルの炎を眺めるなか
       気が遠くなってきた
       床には血が滴る
       オレが逝けば、オレの愛は永久にオマエのもの


    My Love, Forevermore

       オレの愛、永久に



    [*]「home」を普通には「家」と訳すのでしょうけど、
    ストーリー的には逃避行なので「宿」と訳しました。

    辞書を調べると「死に場所」という意味もあるらしいので、
    英語の歌詞では「home」の方が奥行きがでるので
    こうしたのかもしれません。


    [星 関連記事]

    2016.09.03
    Boy Meets Girl - Waiting For A Star To Fall (歌詞+和訳)

    2015.07.08
    Saint Etienne - Stars Above Us (歌詞+和訳)

    2013.12.05
    Dion & The Belmonts - When You Wish Upon A Star (歌詞+和訳)

    [月 関連記事]

    2016.08.18
    Thin Lizzy - Dancing In The Moonlight (歌詞+和訳)

    2016.02.23
    Polecats - How High The Moon (歌詞+和訳)

    2015.08.08
    Elvis Presley - Blue Moon Of Kentucky (歌詞+和訳)

    2014.10.28
    Van Morrison - Moondance (歌詞+和訳)

    2014.09.14
    Fairground Attraction - Moon On The Rain (歌詞+和訳)

    2014.06.14
    Christopher Cross - Arthur's Theme (The Best That You Can Do) (歌詞+和訳)

    2014.04.16
    King Harvest - Dancing In The Moonlight (歌詞+和訳)

    2013.07.01
    The Rivieras - Moonlight Serenade (歌詞+和訳)

    2013.09.09
    Styx - Clair De Lune / Ballerina (歌詞+和訳)

    2012.09.01
    The Marcels - Blue Moon (歌詞+和訳)

    2012.05.06
    Mike Oldfield - Moonlight Shadow (歌詞+和訳)

    2011.12.04
    Ozzy Osbourne - Bark At The Moon (歌詞+和訳)

    2011.11.06
    Nat King Cole - It's Only A Paper Moon (歌詞+和訳)

    2011.05.28
    The Platters - Sleepy Lagoon (歌詞+和訳)

    2010.07.20
    Songs On The Moon 月の上の曲
      1. Johnny Harris - Footprints On The Moon
      2. The Police - Walking On The Moon
      3. Michael Jackson - Billie Jean
      4. Ollie And Jerry - Breakin'...There's No Stopping Us
      5. The Cramps - Rock On The Moon
      6. R.E.M. - Man On The Moon
      7. Foreigner - Girl On The Moon
      8. Shirley Bassey - Moonraker

    2009.05.12
    Whiskey Songs ウィスキー・ソング Pt4
      5. Bob Dylan - Moonshiner


    Bingo | Yesterday's BGM | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
    - -
    Cisco Houston - 900 Miles

    0






      Cisco Houston - 900 Miles 歌詞 (1954)



      Written by: Cisco Houston
      意訳: Bingo



      I'm walking down this track
      I've got tears in my eyes
      I'm trying to read a letter from my home


      And if this train runs me right
      I'll be home Saturday night
      'Couse I'm nine hundred miles from my home
      And I hate to hear that lonesome whistle blow
      That long lonesome train whistlin' down

         駅のホームはすぐそこ
         目には涙を浮かべて
         家族からの手紙を読んでみる
         この汽車が導くなら
         土曜の夜には故郷に着く
         900マイル離れた故郷へ
         独り寂しい汽笛は聞きたくない
         孤独に走る長い汽車の吐く汽笛を

      Well, this train I ride on is
      A hundred coaches long
      You can hear her whistle blow
      A million miles

         そう、このとても長い汽車
         はるか遠くまで汽笛が届く

      I will pawn you my wagon
      I will pawn you my team
      I will pawn you my watch and my chain

         荷台を金に換え
         代車も金に換え
         時計も鎖も金に換えよう


      Cisco Houston - 900 Miles And Other RR Songs


      [関連記事]

      1961 Hedy West - 500 Miles (歌詞+和訳)

      1924 Fiddlin' John Carson - I'm Nine Hundred Miles From Home (歌詞+和訳)


      Bingo | Yesterday's BGM | 17:10 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
      - -
      Fiddlin' John Carson - I'm Nine Hundred Miles From Home

      0






        Fiddlin' John Carson - I'm Nine Hundred Miles From Home
        歌詞 (1924)




        Writer: Unkown (Traditional)
        意訳: Bingo



        Lord, I'll pawn you my watch
        And I'll pawn you my chain
        Pawn you my gold diamond ring
        That gold saved my little woman's bind
        I'll pawn you my wagon and my team

           時計を金に換え
           チェーンを金に換え
           金のダイヤモンドリングを金に換えた
           あのリングは可愛いあの娘との絆だった
           荷車も台車も金に換えた

        You can count the days
        I'm gone on the train that I left on
        You can hear the whistle blow hundred miles

           キミは指折り数えるだろう
           ボクがあの汽車に乗って去ってからの日々を
           100マイルの彼方からの汽笛がキミに届く

        If that train runs me right
        I'll be home tomorrow night
        Loard, I'm nine hundred miles from my home

           汽車が導いてくれるなら
           明日の夜には着くだろう
           神よ、900マイル離れた故郷へ

        I used to have a woman
        She would walk and talk with me
        Now she loves sitting
        On some other rounder's knee

           恋人がいた
           一緒に散歩したりおしゃべりしたり
           でも今では座っているのさ
           どこかのいかがわしいヤツの膝の上で

        And she done told him
        What she won't tell me
        And I hate to hear that lonesome whistle blow

           ソイツにはすべて話しているのさ
           ボクには話さなかった事を
           独り寂しい汽笛は聞きたくない

        You can count the days
        I'm gone on the train that I left on
        You can hear the whistle blow hundred miles

           キミは指折り数えるだろう
           ボクがあの汽車に乗って去ってからの日々を
           100マイルの彼方からの汽笛がキミに届く

        If that train runs me right
        I'll be home tomorrow night
        Loard, I'm nine hundred miles from my home

           汽車が導いてくれるなら
           明日の夜には着くだろう
           神よ、900マイル離れた故郷へ

        I went down to the depot
        Loard, not many days ago
        Got on my train
        And the train went a-flyin'

           駅に立ち
           ここ数日のこと
           汽車に乗り
           汽車は走り出した

        I looked back behind
        And my baby was a cryin'
        And he's gone and left me alone

           思い返せば
           恋人は泣いていた
           男は旅立ち、一人残されたのだから

        You can count the days
        I'm gone on some train that I left on
        You can hear the whistle blow hundred miles

           キミは指折り数えるだろう
           ボクがいくつかの汽車に乗って去ってからの日々を
           100マイルの彼方からの汽笛がキミに届く

        If that train runs me right
        She'll be gone tomorrow night
        Loard, I'm nine hundred miles from my home

           汽車が導いてくれるなら
           彼女は明日の夜には発っているだろう
           神よ、900マイル離れた故郷へ


        Fiddlin John Carson - Im Nine Hundred Miles From Home


        [関連記事]

        1961 Hedy West - 500 Miles (歌詞+和訳)

        1954 Cisco Houston - 900 Miles (歌詞+和訳)

        Bingo | Yesterday's BGM | 17:09 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
        - -
        Hedy West - 500 Miles

        0


          Hedy West – Accompanying Herself On The 5 String Banjo


          今回の和訳は、友達からのリクエストです。
          だいぶ前にもらった夏休みの宿題ですが、
          とっくに夏が終わっているという。。。(笑

          「500マイル」という曲なのですが、
          実は、今回初めて知りました。

          どうやら、少し前(だいぶ前?)にテレビドラマの中で
          歌われたそうですね。

          テレビ自体あまり見ない上に
          ドラマはほとんど見ないので。。。(汗

          さっそくYouTubeで検索して最初に見たのが、
          ピーター、ポール&マリーの歌声のものでした。

          実は、この手のフォークって全く聞かないし、
          聞かないから全然知りもしません。

          次に聞いたのが、松たか子の歌声のものでした。
          個人的には、こっちのバージョンの方が好きです。

          そして、サムネイルをたどって
          忌野清志郎も歌っているんだ・・・
          って思って聞いてみたら、
          もうすっかり引き込まれてしまいました。(笑


          日本語の歌詞だし、なんでわざわざ訳して欲しいのかな?
          と思いながら歌詞を検索してみたら、
          日本語の歌詞は、忌野清志郎が作ったそうですね。

          でも、英語の歌詞とは内容が全然違うんですね。
          ビックリです。(笑

          そこで、英語版のWikipediaを読んでみると、
          ヘディ・ウェストという女性シンガー・ソングライターが
          作った曲とされている・・・
          というようなあいまいな書き方がされていんです。
          場合によっては共作者がいたりもしているそうです。

          と、いうのは、作者不明のフォークソングとして
          伝わっていたものを、彼女の叔父さん[*]が
          歌っていたものを作り変えたそうです。

            [*] 教えてくれたのは祖母という記述があったような
              そんな気がしますが、出典が思い出せません。。。

          そんな口伝えのような曲なので、
          ミュージシャンによって
          歌詞が少しずつ違ったりもしています。

          そんな中で、見つけたのが、
          1924年にフィドリン・ジョンカーソンという人が
          「I'm Nine Hundred Miles From Home」というタイトルで
          レコードをリリースしていたというものでした。

          もしかすると、このバージョンも元々の歌詞とは
          少し違っているかもしれませんが。。。

          そのご、タイトルや歌詞も少しずつ
          変わっていったんじゃないかと思います。


          [歌詞+和訳]

          1924 Fiddlin' John Carson - I'm Nine Hundred Miles From Home
          1954 Cisco Houston - 900 Miles


          いろんなサイトを読んでいると、
          もともとは大不況の中での出稼ぎの歌だとありますが、
          1924年と言うと、ギリギリ好景気の中ではないかと思うのですが。
          歴史に詳しくないので、なんとも言えませんけど。。。

          でも、共通しているのは、
          恋人を故郷に残して遠く出稼ぎに出たものの、
          大きなお金を作ることもできず出戻ってくるのですが、
          こんなでは故郷に戻れない。。。
          という、感じでしょうか。

          でも、なんだか、、、
          忌野清志郎のバージョンが一番好きかも。(笑

          一行目の「次の汽車が駅に着いたらこの街を離れ」
          でやられました。
          「次の」の一言が妙にリアルで。。。

          それまで、別れを惜しんでしたけど、
          次の汽車に乗ろうという覚悟みたいなものが
          とても切なく響いてきます。









          Hedy West - 500 Miles 歌詞 (1961)


          Writer: Hedy West
          意訳: Bingo


          If you miss the train I'm on
          You will know that I am gone
          You can hear the whistle blow a hundred miles
          A hundred miles
          A hundred miles
          A hundred miles
          A hundred miles
          You can hear the whistle blow a hundred miles

             キミがこの汽車に間に合わなかったら
             ボクが行ってしまったことを知るだろう
             100マイルの彼方からの汽笛が届く
             100マイル
             100マイル
             100マイル
             100マイル
             100マイルの彼方からの汽笛が届く

          If my honey said so
          I'd railroad no more
          I'd sidetrack my engine and go home
          And go home
          And go home
          And go home
          And go home
          I'd sidetrack my engine and go home

             もし愛する人がそう言ったなら
             これ以上線路は続くことなく
             汽車は引き返すことだろう、故郷へと
             故郷へと
             故郷へと
             故郷へと
             故郷へと
             汽車は引き返すことだろう、故郷へと

          Lord, I'm one, Lord, I'm two
          Lord, I'm three, Lord, I'm four
          Lord, I'm five hundred miles away from home
          Away from home
          Away from home
          Away from home
          Away from home
          Lord, I'm five hundred miles away from home

             ああ、ボクは100マイル、200マイル、
             300マイル、400マイル
             そして500マイルも離れてしまった、故郷から
             故郷から
             故郷から
             故郷から
             故郷から

          I told my little letter
          Just as plain as I could tell her
          She'd better come along and go with me
          Go with me
          Go with me
          Go with me
          Go with me
          She'd better come along and go with me

             小さな手紙に綴るのは
             彼女への飾り無い言葉
             付いて来て、ボクと一緒に行こう
             ボクと一緒に
             ボクと一緒に
             ボクと一緒に
             ボクと一緒に
             付いて来て、ボクと一緒に行こう

          My clothes are all worn
          My shoes are all torn
          Lord, I can't make a living this a-way
          This-a way
          This-a way
          This-a way
          This-a way
          Lord, I can't make a living this a-way

             服は擦り切れ
             靴は擦り減り
             神よ、こんなでは生きていけない
             こんなでは
             こんなでは
             こんなでは
             こんなでは
             ああ、こんなでは生きていけない

          If this train runs me right
          I'll be back tomorrow night
          I'm coming down the line on number nine
          Number nine
          Number nine
          Number nine
          Number nine
          For I'm coming down the line on number nine

             汽車が導いてくれるなら
             明日の夜には着くだろう
             9番線のホームはすぐそこ
             9番線
             9番線
             9番線
             9番線
             9番線のホームはすぐそこ

          Not a shirt on my back
          Not a penny to my name
          Lord I can't go back home this a-way
          This-a way
          This-a way
          This-a way
          This-a way
          Lord I can't go back home this a-way!

             着替えもなく
             無一文
             ああ、こんなでは故郷へ帰れない
             こんなでは
             こんなでは
             こんなでは
             こんなでは
             ああ、こんなでは故郷へ帰れない

          If you miss the train I'm on
          You will know that I am gone
          You can hear the whistle blow a hundred miles
          A hundred miles
          A hundred miles
          A hundred miles
          A hundred miles
          You can hear the whistle blow a hundred miles

             キミがこの汽車に間に合わなかったら
             ボクが行ってしまったことを知るだろう
             100マイルの彼方からの汽笛が届く
             100マイル
             100マイル
             100マイル
             100マイル
             100マイルの彼方からの汽笛が届く


          [関連記事]

          2012.01.10
          Dragon Songs ドラゴン・ソング
            3. Peter, Paul & Mary - Puff, The Magic Dragon

          2012.01.10
          Peter, Paul & Mary - Puff, The Magic Dragon (歌詞+和訳)


          Bingo | Yesterday's BGM | 17:08 | comments(0) | trackbacks(2) | top▲
          - -
          Old Crow Medicine Show - Wagon Wheel

          0




            もう2週間前のことになってしまいましたが、
            チビのサッカーの試合が延期になってので、
            急きょ埼玉・入間のジョンソン・タウン
            行ってみることにしました。

            前から、行ってみたかったのですが、
            遠いしなぁ。。。なんて思っていましたが、
            行ってみれば車で一時間ちょっとで着いて
            圏央道が開通したおかげで
            意外と近くに感じました。

            あんなアメリカンは雰囲気には
            やっぱり憧れますね。
            アメリカの小さな街の片隅にいるみたいでした。




            憧れのAIRSTREAMがどーんって。。。




            垣根の向こう側は公園で、とてもいい雰囲気。




            Y30にはつい反応しちゃいます。。。(笑




            チビが使っているマグカップがもう小さいので
            ほんの少しだけ大きめのものを買いました。
            あとは、ボールペンとステッカー。






            Old Crow Medicine Show - Wagon Wheel 歌詞



            Writers: Bob Dylan, Ketch Secor
            意訳: Bingo



            Headed down south to the land of the pines
            And I'm thumbin' my way into North Caroline
            Starin' up the road
            Pray to God I see headlights

               松の地へと南に下る
               ノースカロライナでヒッチハイク
               道を見つめながら
               神に祈る、ヘッドライトに出逢えるように

            I made it down the coast in seventeen hours
            Pickin' me a bouquet of dogwood flowers
            And I'm a-hopin' for Raleigh
            I can see my baby tonight

               17時間かかって海岸までたどり着いた
               摘んだハナミズキでブーケを作り
               向かうはローリーの街
               今夜にはオレのベイビーに会える

            So rock me, mama, like a wagon wheel
            Rock me, mama, any way you feel
            Hey, mama rock me
            Rock me, mama, like the wind and the rain
            Rock me, mama, like a south-bound train
            Hey, mama rock me

               そう、揺らしておくれ、ママ、荷馬車のように
               揺らしておくれ、好きなように
               ヘイ、ママ、揺らしておくれ
               揺らしておくれ、ママ、雨風のように
               揺らしておくれ、南行きの列車のように
               ヘイ、ママ、揺らしておくれ

            Runnin' from the cold up in New England
            I was born to be a fiddler
            In an old-time string band
            My baby plays the guitar
            I pick a banjo now

               寒いニューイングランドから走ってきた
               オレは昔ながらの弦楽器バンドの
               バイオリン弾きになるために生まれてきた
               彼女はギターを弾き
               オレは今、バンジョーを弾いてる

            Oh, the North country winters
            Keep a-gettin' me now
            Lost my money playin' poker
            So I had to up and leave
            But I ain't a-turnin' back
            To livin' that old life no more

               寒い地方はオレをうんざりさせる
               金はポーカーですっちったし
               もう我慢の限界、おさらばさ
               もう戻ることは無いだろう
               あんな古い人生を送ることは

            Walkin' to the south out of Roanoke
            I caught a trucker out of Philly
            Had a nice long toke
            But he's a-headed west from the Cumberland Gap
            To Johnson City, Tennessee

               ロアノークの南の外れを歩き
               フィラデルフィアのトラックを捕まえた
               葉っぱを吸って楽しいひと時だったが
               ヤツはカンバーランド・ギャップから西へ
               テネシーのジョンソン・シティ向かって行った

            And I got to get a move on before the sun
            I hear my baby callin' my name
            And I know that she's the only one
            And if I die in Raleigh
            At least I will die free

               朝日が昇る前にオレは経った
               恋人がオレを呼ぶ
               あの娘はたった一人の人
               もしローリーの街に辿り着けないなら
               あとはどうなったっていい

            Bingo | Yesterday's BGM | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | top▲
            - -
            The Peanut Vender Weblog

            南京豆売りの声がする

            Let's Have a Peanut!!!
            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << September 2016 >>